葬儀(2018年2月20日):デンマーク王子ヘンリク殿下【ヘンリック王配】の葬儀が執り行われる

 2018年2月20日、2月13日に薨去した、デンマーク王子ヘンリク殿下(His Royal Highness Prince Henrik of Denmark)の葬儀がおこなわれました。
 デンマーク王室成員およびヘンリク殿下の生家のラボルド・ド・モンペザ家をはじめ、デンマーク要人や外交関連の人々が参列。
 司式はデンマーク国教会【デンマーク福音ルター派教会】の前デンマーク首座/前コペンハーゲン監督エリク・ノーマン・スヴェンセン座下(Erik Normann Svendsen)だったようです。

 

Det danske kongehus(デンマーク王室公式チャンネル):
Prins Henriks bisættelse – YouTube

 

葬儀関連報道3時間映像:
H.K.H. Prins Henrik: Bisættelse | TV | DR

 

葬儀参列者の到着/
SE og HØR:
Kongefamilien ankommer til prins Henriks bisættelse – YouTube

 

ヘンリク王子殿下の棺が聖堂より運び出される/
SE og HØR:
Prins Henriks kiste bæres ud af Christiansborg Slotskirke – YouTube

 

 (英語)Prince Henrik’s funeral takes place in Copenhagen – Royal Central
 (デンマーク語:デンマーク国教会【デンマーク福音ルター派教会】公式サイト)Kirkeklokkerne ringer for Prins Henrik | Folkekirken.dk

 

参列者リスト:
 (デンマーク語)Her er gæsterne til prins Henriks bisættelse | Prins Henrik | DR

※あとで、王室及びモンペザ家関係者のみ表記します。
※作業中

 

デンマーク王室関係者:

  • デンマーク女王マルグレーテ2世陛下(Margrethe II of Denmark : Her Majesty The Queen)
    • デンマーク皇太子フレデリク殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)とデンマーク皇太子妃メアリー殿下(モンペザ伯爵夫人 : Mary : Her Royal Highness The Crown Princess of Denmark, Countess of Monpezat)
      • デンマーク王子クリスチャン殿下(モンペザ伯爵子 : His Royal Highness Prince Christian of Denmark, Count of Monpezat)
      • デンマーク王女イサベラ殿下(モンペザ伯爵女 : Her Royal Highness Princess Isabella of Denmark, Countess of Monpezat)
      • デンマーク王子ヴィンセント殿下(モンペザ伯爵子 : His Royal Highness Prince Vincent of Denmark, Count of Monpezat)
      • デンマーク王女ヨセフィーネ殿下(モンペザ伯爵女 : Her Royal Highness Princess Josephine of Denmark, Countess of Monpezat)
    • デンマーク王子ヨアキム殿下(モンペザ伯爵 : His Royal Highness Prince Joachim of Denmark, Count of Monpezat)とデンマーク王子妃マリー殿下(モンペザ伯爵夫人 : Her Royal Highness Princess Marie of Denmark, Countess of Monpezat)
      • デンマーク王子ニコライ殿下(モンペザ伯爵子 : His Highness Prince Nikolai of Denmark, Count of Monpezat)
      • デンマーク王子フェリクス殿下(モンペザ伯爵子 : His Highness Prince Felix of Denmark, Count of Monpezat)
      • デンマーク王子ヘンリク殿下(モンペザ伯爵子 : His Highness Prince Henrik of Denmark, Count of Monpezat)
      • デンマーク王女アテナ殿下(モンペザ伯爵女 : Her Highness Princess Athena of Denmark, Countess of Monpezat)
  • デンマーク王女ベネディクテ殿下(Her Royal Highness Princess Benedikte of Denmark : ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公妃【未亡人】 : Princess of Sayn-Wittgenstein-Berleburg)
  • デンマーク王女/旧ギリシャ王妃アンナ=マリア陛下(Anne-Marie : Her Majesty The Queen of the Hellenes, Princess of Denmark)と旧ギリシャ王コンスタンティノス2世陛下(Constantine II of Greece : His Majesty The King of the Hellenes : デンマーク王子 : Prince of Denmark)
  • デンマーク王女エリサベト殿下(Her Highness Princess Elisabeth of Denmark)
  • ローセンボー伯爵インゴルフ閣下(元デンマーク王子 : His Excellency Ingolf, Count of Rosenborg)とローセンボー伯爵夫人スージー・ヒョーホイ閣下(Her Excellency Sussie Hjorhøy, Countess of Rosenborg)
  • デンマーク王子ヨアキム殿下の元妻・フレデリクスボー女伯爵アレクサンドラ閣下(Her Excellency Alexandra, Countess of Frederiksborg)

 

 

ラボルド・ド・モンペザ家関係者:

  • ヘンリク殿下の姉:フランソワーズ・バルダン・モンペザFrançoise Bardin Monpezat
    • ヘンリク殿下の甥:ギヨーム・バルダンGuillaume Bardin
    • ヘンリク殿下の甥:ローレンス・バルダンLaurence Bardin
  • ヘンリク殿下の妹:キャサリン・ド・ラボルド・ド・モンペザ修道女Catherine de Laborde de Monpezat
  • ヘンリク殿下の弟:エティエンヌ・ド・ラボルド・ド・モンペザÉtienne de Laborde de Monpezat)とイザベル・ド・ラボルド・ド・モンペザ夫人(Isabelle de Laborde de Monpezat
  • ヘンリク殿下の弟:ジャン=バティスト・ド・ラボルド・ド・モンペザJean-Baptiste de Laborde de Monpezat)とジル・ド・ラボルド・ド・モンペザ夫人(Gill de Laborde de Monpezat
  • ヘンリク殿下の甥(?):シャルル・アンリ・ケラーCharles Henri Keller

結婚予定(2018年9月8日):トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリア・アメリー殿下とヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘル。共通先祖はアウエルスペルク公ヴィルヘルム殿下の模様

 2018年9月8日、イタリアで、トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリア・アメリー殿下(Her Illustrious Highness Countess Maria Amelie of Trauttmansdorff-Weinsberg : マリア・アメリー・グレフィン・フォン・ウント・ツー・トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルクMaria Amelie Gräfin von und zu Trauttmansdorff-Weinsberg)とヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘルJoseph Freiherr von Kap-herr)が結婚予定のようです。

 マリア・アメリー伯女殿下は1993年4月20日生まれの24歳。
 トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク家は、神聖ローマ帝国領邦国家君主の家柄で、メディアタイズド・ハウスに分類されるほか、ウラデル、ベーメン貴族のチェコ貴族、オーストリア貴族といった扱いになるようです。

 ヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘルは1990年生まれのようです。
 ヘッセン=ダルムシュタットにてフライヘル【ドイツでの男爵格】の称号を得た家柄。

 二人の共通の先祖が、神聖ローマ帝国領邦国家君主諸家およびオーストリアに併合されオーストリア貴族となったアウエルスペルク家のヴィルヘルム殿下(1749~1822)のようです。

 

 We're getting married! Joseph and Amelie

オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下が、オランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下(14歳)が中国に留学予定との報道を全否定した模様(2018年2月)

 オランダのメディアが、オランニェ女公【オランダ皇太子】カタリナ=アマリア王女殿下(オランダ王女: オランニェ=ナッサウ公女 : Catharina-Amalia : Her Royal Highness The Princess of Orange, Princess of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)(14歳)が、来年【2019年】から中国のUWC常熟校に留学すると報道した件について、オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)が、2月16日(金)にこれを全否定したそうです。

 

 (オランダ語)Koning: Amalia gaat niet naar China | Binnenland | Telegraaf.nl
 (英語)King Willem-Alexander: “Story about Amalia going to China is total nonsense” – Royal Central

オランダのメディアが、オランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下(14歳)が、来年【2019年】から中国のUWC常熟校に留学すると報道している模様。公式発表はまだ(2018年2月)“姫”を“人質”に差し出す弱小戦国大名を連想しました

 (オランダ語)Amalia naar school in China? | Binnenland | Telegraaf.nl
 (英語)Dutch Princess Amalia may have studying abroad in China in her future – Royal Central

 

 オランダ紙「Telegraaf」が報道したところによりますと、現在14歳のオランニェ女公【オランダ皇太子】カタリナ=アマリア王女殿下(オランダ王女: オランニェ=ナッサウ公女 : Catharina-Amalia : Her Royal Highness The Princess of Orange, Princess of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau)が、来年【2019年】から中国【中華人民共和国】のUWC常熟校に留学すると報道しています。

 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)およびオランダ王妃マクシマ陛下(Máxima : Her Majesty the Queen of the Netherlands)が、中華人民共和国国家主席習近平閣下(His Excellency Mr Xi Jinping)と会談したばかりだそうです。

 なんとなく、“姫”を“人質”に差し出す弱小戦国大名を連想しましたが、西欧王室の対中傾斜が強まっている昨今、当たっているかもしれません。
 カタリナ=アマリア殿下も大変ですね。
 そして、次の次のオランダ王は中国系になるかもしれません。
 毛沢東の子孫や、習近平国家主席の孫あたりに特に問題のないイケメンがいるかどうか時間があれば調べないと……。

 

 なお、同校ですが、検索したら以下のPDFファイルが見つかりました。
 UWC 常熟校 (UWC Changshu China) 視察報告(概要)

 

追記1:
 オランダ人から「Telegraafは信用できぬ」(大意)といわれました。どうも(その人は)記事内容をまったく信じていないようです。

 

続報:
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下が、オランニェ女公(オランダ皇太子)カタリナ=アマリア王女殿下(14歳)が中国に留学予定との報道を全否定した模様(2018年2月)

結婚(2018年6月2日):トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリー=カテリネ殿下とモーリッツ・フォン・ナトゥジウス氏

 2018年6月2日に、トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリー=カテリネ殿下(Her Illustrious Highness Countess Marie-Catherine of Trauttmansdorff-Weinsberg : マリー=カテリネ・グレフィン・フォン・ウント・ツー・トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルクMarie-Catherine Gräfin von und zu Trauttmansdorff-Weinsberg)とモーリッツ・フォン・ナトゥジウス氏(Moritz von Nathusius)が、オーストリア共和国ウィーンで結婚するようです。

 マリー=カテリネ伯女殿下は1990年1月20日生まれの28歳。
 トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク家は、神聖ローマ帝国領邦国家君主の家柄で、メディアタイズド・ハウスに分類されるほか、ウラデル、ベーメン貴族のチェコ貴族、オーストリア貴族といった扱いになるようです。

 モーリッツ・フォン・ナトゥジウス氏は1989年6月5日生まれの28歳。
 ナトゥジウス家は、ドイツのプロイセン貴族の家柄ですが、フォン“von”を受けていない系統も含め、様々な人物を輩出しているようです。

 

 We're getting married! Moritz and Marie