ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下が、オランダにあるシーシェパード系団体のスポークスマンに就任したとのこと(2020年1月)

 ロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia : プロイセン王子 : Prince of Prussia)が、オランダにあるシーシェパード系団体「シー・シェパード・グローバル(Sea Shepherd Global)」のスポークスマンに就任したようです。

 同団体は(アメリカ合衆国の)シーシェパードからは独立しているようですが、共同でなにかをおこなうこともあるようです。

 

Very honoured to have been appointed… – HIH Grand Duke George of Russia ЕИВ Великий Князь Георгий Мих | Facebook

Very honoured to have been appointed global spokesman of the Sea Shepherd organisation today by Captain Alexander…

HIH Grand Duke George of Russia ЕИВ Великий Князь Георгий Михさんの投稿 2020年1月24日金曜日

 

※なお、当方はシーシェパードに対して明確に批判的であることを申し添えておきます。

 

ロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下親子が、ツァリツィノ宮殿にてポルトガル王室当主/ブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下と会見していた模様(2019年12月?)

 ロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)と継嗣のロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia)が、ロシアのツァリツィノ宮殿にて、ポルトガル王室(ブラガンサ家)当主のブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下(His Royal Highness Duarte Pio, Duke of Braganza)と会見していたようです。

 

 (スペイン語)Los Románov regresan a Tsaritsyno

 

Revista ¡HOLA!さんはTwitterを使っています: 「La gran duquesa María Vladímirovna y su hijo, el gran duque Jorge, regresaron al palacio 'maldito' de Catalina la Grande. https://t.co/wKZHKf3IKC」 / Twitter

 

ロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下がクリスマスと新年【2020年】のメッセージ(2019年12月)

 ロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)がクリスマス【降誕祭】と新年【2020年】のメッセージを公開しています。

 

 (ロシア語:ロシア帝室公式サイト)Российский Императорский Дом – 2020-01-01 С Рождеством Христовым и Новым Годом! Династические памятные даты в 2020 г.

 継嗣のロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia)との写真や、2020年が記念となる過去の人物たちに関する情報多数あり(ありすぎですが……)。

 

ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下が、サンクトペテルブルクで小型バスに乗車中に、小型バスの挙動が乱れたとのこと(2019年11月)

 ロシアの Interfax ロシア語版の11月14日付の記事によりますと、ロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia)が、ロシア連邦サンクトペテルブルクで小型バスに乗車中に、同小型バスの挙動が乱れたそうです。
 殿下に怪我はないとのことですが、念のためメディカルチェックが予定されたようです。

 

 (ロシア語)Великий князь Георгий Романов попал в ДТП в Петербурге

 

婚約発表(2019年9月):英国在住で近隣住民とのトラブルの報道がされたばかりのロスティスラフ・ロマノフ公子殿下が、フォテイニ・ゲオルガンタと婚約。二人の間には、すでに子息あり

 先頃、近隣住民から「ロシアへ帰れ!」などという暴言や妨害行為を受けて一時的にいずこかへ移ったというニュースが出たばかりのロスティスラフ・ロスティスラヴォヴィチ・ロマノフ公子殿下(His Highness Prince Rostislav Rostislavovich Romanov【Romanoff】)ですが、婚約が発表されました。
 相手は、フォテイニ・ゲオルガンタFoteini Georganta)というギリシャ系の人物で、二人の間には、ロスティスラフ、またはミハイル(マイケル)、レオン、というどれかの名前を持ったり呼ばれたりしている子供がいるようです(2013年誕生)。

 ロスティスラフ殿下は、ニコライ2世の妹クセニア大公女と、一族のアレクサンドル・ミハイロヴィチ大公の間の子孫ですが、途中に貴賤結婚とされるものを含んでいます。しかし、1970年以降に生まれた男系男子では最も年長系統です。
※この問題はややこしく、また、状況に進展がありそうなため、今回は割愛します。

 なお二人の結婚に伴い、息子のロスティスラフは準正され、ロスティスラフ・ロマノフの名を名乗るかもしれません。
 しかし、欧州では伝統的に準正による権利の発生はない場合はほとんであり、この件(ロシア皇帝位継承者)もそうでしょう。
 しかし、にも関わらず、プリンス称号で呼ばれる可能性はそれなりにあり(メディアがそう呼べばそれが一般的になる可能性は高い)、またロシア皇帝位継承者として将来的に扱われる可能性がないわけではありません。
※例えば、両シチリア王室カラブリア系統は、準正された長男に後をつがせようとしているとみられています。

 

 (英語:閲覧できない場合があります)Prince Rostislav Romanoff and Miss F.M.C. Georganta – Engagements Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: Romanov [Russia]/Georganta engagement

 

続報:
 結婚(2019年10月27日):ロスティスラフ・ロマノフ公子殿下とフォテイニ・ゲオルガンタ