アンドラ共同統治公/ウルヘル司教ジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア大司教座下が、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2021年3月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2021年3月12日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のウルヘル司教で、個人として大司教に叙されているジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア座下(Archbishop Joan-Enric Vives i Sicília, Bishop of Urgell)は、司教宮殿にて、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

※ウルヘル司教はフランスの国家元首と共に、アンドラ公国の共同統治公となります。

 

Bisbat Urgell(ウルヘル司教 公式チャンネル):
Presentació de Cartes Credencials al Copríncep Episcopal – YouTube

 

 (カタルーニャ語(スピーチ内容部分英語):ウルヘル司教 公式サイト)Cerimònia de presentació de les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors

 (英語)Co-Prince of Andorra receives credentials of Qatar’s Ambassador – The Peninsula Qatar

 

Bisbat d'UrgellさんはTwitterを使っています 「El Coprincep Episcopal #MonsVives rep les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors al Palau Episcopal i els adreça un parlament. https://t.co/785Lfhv0Lb」 / Twitter

 

 25ヶ国は、イスラエル国、ベルギー王国、チリ共和国、カタール国、モーリタニア・イスラム共和国、オーストラリア、アルバニア共和国、アルメニア共和国、メキシコ合衆国、アイスランド共和国、スイス連邦、カンボジア王国、大韓民国、サウジアラビア王国、エルサルバドル共和国、ラトビア共和国、アルゼンチン共和国、ベナン共和国、ハンガリー、ウルグアイ東方共和国、ホンジュラス共和国、キプロス共和国、グアテマラ共和国、アルジェリア民主人民共和国、ドミニカ共和国、となっています。

マレーシア国王アブドゥラ陛下が各国大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2020年12月)

 2020年12月8日、マレーシア第16代国王アブドゥラ陛下(His Majesty Al Sultan Abdullah Ri’ayatuddin Al-Mustafa Billah Shah Ibni Sultan Haji Ahmad Shah Al-Musta’in Billah, The Yang di-Pertuan Agong XVI : パハン州スルタン)は、11ヶ国および欧州連合のマレーシア駐箚特命全権大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

 11ヶ国は、フィンランド共和国、デンマーク王国、ハンガリー、モーリシャス共和国、インドネシア共和国、フランス共和国、ドイツ連邦共和国、チリ共和国、ニュージーランド、ベトナム社会主義共和国、バングラデシュ人民共和国、です。

 

 (英語)King receives credentials of 12 foreign envoys to Malaysia

 

Istana Negara – 8 Disember 2020 – KDYMM Seri Paduka… | Facebook

 

インタビュー記事(スペイン語):カルリスタのスペイン王として、パルマ公カルロス殿下(オランダ王室近親)がインタビューを受ける(2020年11月)

 スペイン語メディアの Vanitatis が、カルリスタのスペイン王としてのパルマ公カルロス殿下(Prince Carlos : His Royal Highness The Duke of Parma and Piacenza)へのインタビュー記事を掲載しています。

 タイトルは「カルリスタのスペイン王:私はフェリペ6世が難しい時期を生きていくと思う」で、概要は「我々は、カルロス・ハビエル・デ・ボルボン=パルマ(パルマ公)と(新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の)パンデミック、ファン・カルロス(前スペイン王)のスキャンダルについてどう考えているか、(パルマ公の)息子で継嗣(ピアチェンツァ公カルロス・エンリケ殿下)の教育はどうしているか、について話した」というものですが、冒頭ではいきなり、「1830年にフェルナンド7世がサリカ法を廃止して(将来の)イサベル2世がスペイン王位を継承可能にした時、ブルボンは永遠に分裂した」というやや大げさな始まり方をします。
 そしてイサベル王女の継承を認めない王弟のカルロス王子とそれを支持する人々と政府などとの対立による三度のカルリスタ戦争があったという話は割とあっさり終わり、現代のカルリスタの指導者はパルマ公であるという話と、概要で出た話の詳細になります(念のために追記しておきますと、現時点で特定の人物を奉じないカルリスタ、他の人物を奉じるカルリスタや、すでに君主政を放棄しているカルリスタ、君主政でも共和政でもなんでもいいカルリスタ、も存在します)。
 またパルマ公の継嗣のカルロス・エンリケ殿下がカルリスタのアストゥリアス公だということがわざわざ説明されています。

 その後の話としては、全体的に極めて穏当に、現在のパルマ公の主張や近況の話となっています。ほぼ公式見解のような。
 上記の話の詳細に加えて、家族の話、パルマ公室のマリー・テレーズ【マリア・テレサ】殿下がCOVID-19で薨去した件、スペイン王フェリペ6世夫妻との仲(ぶっちゃけていうと、ブルボンの一族で集まるときや、スペイン王のオランダ訪問時に同席した機会は多いがそんなに深い付き合いはないとのこと)、(従弟の)オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下とは家族ぐるみで良好な関係だが政治や王朝の主張に関する話はしていないことなどの話があります。

 

 (スペイン語)El pretendiente carlista al trono español: "Creo que Felipe VI está viviendo unos momentos muy difíciles"

 

VanitatisさんはTwitterを使っています 「El pretendiente carlista al trono español: "Creo que Felipe VI está viviendo unos momentos muy difíciles" https://t.co/f38D3dT6DC」 / Twitter

 

Vanitatis – El pretendiente carlista al trono español:… | Facebook

 

新任のエクアドル駐箚マルタ騎士団大使が、各国・欧州連合大使らとともにエクアドル大統領を訪問(2020年10月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2020年10月14日、新任のエクアドル共和国駐箚マルタ騎士団特命全権大使ペトルス・フェルナンディーニ閣下(Petrus Fernandini)は、ベネズエラ・ボリバル共和国、英国、アイルランド、ハンガリー、チリ共和国、欧州連合の大使らとともに、エクアドル共和国大統領レニン・モレノ・ガルセス閣下(His Excellency Mr Lenín Moreno Garcés)と会見しました。

 

※単に Malta と書いてありますが、マルタ騎士団です。

Lenín MorenoさんはTwitterを使っています 「Ayer di la bienvenida al país a diplomáticos de Venezuela, Reino Unido, Irlanda, Hungría, Chile, Unión Europea y Malta. Nuestra relación con el mundo es de vital importancia y juntos podremos generar proyectos para reactivar la economía de nuestros pueblos. #SembramosFuturo https://t.co/tazooXENBi」 / Twitter

 

Lenín Moreno – Ayer di la bienvenida al país a…

 

Presidencia ECUさんはTwitterを使っています 「Presidente @Lenin Moreno recibió las cartas credenciales de los embajadores de Venezuela, Gran Bretaña, Hungría, Chile, Unión Europea y Malta. Así inician las funciones de los diplomáticos en el país, fortaleciendo los lazos de Ecuador con estas naciones. #DiplomaciaActiva https://t.co/qpIl7POQ8L」 / Twitter

 

 なお、フェルナンディーニ閣下は当初、エクアドル外務大臣ルイス・ガジェゴス・チリボガ閣下(His Excellency Mr Luis Gallegos Chiriboga)を訪問して信任状を捧呈しており、なぜ外務大臣に?、というのはよくわかりません。

 2012年にコレア前大統領がマルタ騎士団との外交関係を破棄し、昨年【2019年】モレノ現大統領がこれを復活させることをマルタ騎士団側と合意しました。

 

 (英語:マルタ騎士団 公式サイト)The new Ambassador of the Order of Malta to Ecuador presents his letters of credence – Order of Malta

 

Cancillería EcuadorさんはTwitterを使っています 「Canciller @LuisGallegosEc recibió copias de Cartas Credenciales de Elias Petrus Fernandini Bohlin, embajador Extraordinario y Plenipotenciario de la Orden Soberana de Malta ante el Ecuador. #DiplomaciaActiva https://t.co/UrcA8SFC2p」 / Twitter

 

チリ公式訪問:ノルウェー王ハーラル5世陛下が、チリ独立の英雄ベルナルド・オイギンス像に花輪を献花など(2019年3月)

 2019年3月27日、チリ共和国公式訪問中のノルウェー王ハーラル5世陛下(Harald V of Norway : His Majesty The King)とノルウェー王妃ソニア陛下(Queen Sonja of Norway: Her Majesty The Queen)は、チリ共和国大統領セバスティアン・ピニェラ・エチェニケ閣下(His Excellency Mr Sebastián Piñera Echenique)とともに、チリ独立の英雄ベルナルド・オイギンスBernardo O’Higginsベルナルド・オヒギンスベルナルド・オイヒンス)のモニュメントを訪問するなどしたようです。
 ベルナルド・オイギンス像には、ハーラル5世陛下が、ノルウェー王国の国旗をあしらった花輪を献花。

 

 (スペイン語:チリ国防省公式サイト)Reyes de Noruega rinden homenaje al Libertador Bernardo O’Higgins – Ministerio de Defensa Nacional

 

Ministerio Defensa Nacional(チリ国防省公式チャンネル):
Ofrenda floral del Rey Harald V y Reina Sonja de Noruega – YouTube

 

(注意)音量大きめです:
CGGERM_Oficialさんのツイート: "#AHORA Rey Harald V de #Noruega impone ofrenda floral al monumento ecuestre del General #BernardoOHiggins en #VisitaEstado a nuestro país. @Ejercito_Chile @mindefchile @NoruegaEnChile @presidencia_cl @Minrel_Chile… https://t.co/vXDbWKNSd1"