70歳(2020年1月28日):バーレーン王ハマド陛下が70歳を迎える

 2020年1月28日、バーレーン王ハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ陛下(His Majesty Hamad bin Isa Al Khalifa, King of Bahrain)は、70歳を迎えました。

 バーレーン通信(Bahrain News Agency)は、英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)およびロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)から祝電があったことを伝えています。
 この二者(二国)以外からも祝福はあったと思うので、バーレーンにとって英国とロシアが重要であることを示していると思います。
 一方、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)からの祝電は報じられておらず、これは送られてこなかったということなのでしょう。

 

 (英語)HM the King congratulated by Queen Elizabeth II
 (英語)HM King congratulated by Russian President

 

Bahrain TV News Center مركز الأخبار:
البحرين مركز الأخبار : جلالة الملك المفدى يتلقى برقية تهنئة من ملكة المملكة المتحدة 29-01-2020 – YouTube

 

英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下らが、英国アフリカ投資サミットに臨席(2020年1月)ガーナ、ルワンダの大統領などが来訪

 英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)とケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下(Catherine : Her Royal Highness The Duchess of Cambridge)、
 ウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)とウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下(Sophie : Her Royal Highness The Countess of Wessex)、
 プリンセス・ロイヤル殿下(Her Royal Highness The Princess Royal : アン王女 : Princess Anne)、
 らが、英国アフリカ投資サミット【UK-Africa Investment Summit】に臨席しました。

※全体の日程や来訪者がよくわかりませんが、とりあえず目についたものだけ。

 英国首相ボリス・ジョンソン閣下(The Right Honourable Boris Johnson Hon FRIBA MP)、
 ガーナ共和国大統領ナナ・アド・ダンクワ・アクフォ=アド閣下(His Excellency Nana Addo Dankwa Akufo-Addo)、
 ルワンダ共和国大統領ポール・カガメ閣下(His Excellency Paul Kagame)、
 らが姿を見せています。

 

The Royal Family Channel;
The Duke and Duchess of Cambridge Welcome African Leaders at Glittering Buckingham Palace Reception – YouTube

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「"The African continent holds a very special place in my heart." — The Duke of Cambridge at a Buckingham Palace reception to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestinAfrica https://t.co/MVylx0ijiB」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「Earlier today, The Duke of Cambridge held audiences with both The President of Ghana and The President of Rwanda. https://t.co/gLNbPZh93I」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The Duke and Duchess of Cambridge, accompanied by The Earl and Countess of Wessex and The Princess Royal hosted a reception on behalf of Her Majesty The Queen. https://t.co/nLYVT2FZGO」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「Members of The Royal Family have welcomed Heads of State and Government officials to mark the UK-Africa Investment Summit at Buckingham Palace this evening. https://t.co/dJluptqOWT」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「The summit has brought together businesses and governments to promote investment opportunities across Africa. https://t.co/D9O1kfN1jD」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「On the day of the UK-Africa Investment Summit The Duke of Cambridge held an audience at Buckingham Palace with President @NAkufoAddo of Ghana 🇬🇭 #InvestInAfrica https://t.co/73mkqIgYML」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「The Duke of Cambridge held an audience with President @PaulKagame 🇷🇼 of Rwanda. This evening The Duke and Duchess, on behalf of Her Majesty The Queen, will host a reception at Buckingham Palace to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestInAfrica https://t.co/4MVgYtBmdx」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「The Duke and Duchess of Cambridge, on behalf of Her Majesty The Queen, hosted a reception at Buckingham Palace to mark the UK-Africa Investment Summit #InvestinAfrica 🇬🇧🌍 https://t.co/jlmDFJaRXY」 / Twitter

 

Kensington PalaceさんはTwitterを使っています: 「@RoyalFamily The Duke and Duchess of Cambridge were joined by The Earl and Countess of Wessex and The Princess Royal for this evening's UK-Africa Investment Summit reception at Buckingham Palace #InvestinAfrica https://t.co/T8QuYQZZhj」 / Twitter

 

Members of The Royal Family welcomed… – The Royal Family | Facebook

Members of The Royal Family welcomed Heads of State and Government officials to mark the UK-Africa Investment Summit at…

The Royal Familyさんの投稿 2020年1月20日月曜日

 

The Royal Family(@theroyalfamily) • Instagram写真と動画

 

Paul Kagame – The CFTA has become a reality. That means… | Facebook

The CFTA has become a reality. That means political will on the part of leaders who came together. This came supporting…

Paul Kagameさんの投稿 2020年1月20日月曜日

 

President Paul Kagame(@paulkagame) • Instagram写真と動画

 

 また、別に姿を見せているので詳細がよくわかりませんが、サセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)が公務として臨席。

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英ヘンリー王子「最後の公務」まもなく“カナダへ”(20/01/21) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子“最後の公務” 関連グッズも暴落(20/01/21) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英・ヘンリー王子 “最後の公務”終えカナダに到着(20/01/21) – YouTube

 

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

This morning at the UK-Africa Investment Summit, hosted by the UK Government, The Duke of Sussex met with leaders from Malawi 🇲🇼 , Mozambique 🇲🇿 and Morocco 🇲🇦- touching on investment in renewable energy, jobs, tourism, and environmental issues. The Duke has been involved in various causes in Africa for over a decade, and has helped to initiate a number of key projects in the region surrounding conservation and tourism, the threat posed by landmines and the HIV/AIDS epedemic. During their recent visit to Southern Africa last September, The Duke and Duchess met with project teams working to encourage youth employment, entrepreneurship, education and health. Through their roles as President and Vice President of The Queen’s Commonwealth Trust, The Duke and Duchess have worked to support a growing network of young change-makers across the Commonwealth and will continue to do so, especially in the run up to CHOGM 2020. The Duke of Sussex’s love for Africa is well known – he first visited the continent at the age of thirteen and more than two decades later, the people, culture, wildlife and resilient communities continue to inspire and motivate him every day. Photo © PA

A post shared by The Duke and Duchess of Sussex (@sussexroyal) on

 

Megxit:英国女王エリザベス2世陛下とバッキンガム宮殿が、サセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】夫妻の今後について声明(2020年1月)公費からの支給なし、「(HRH)殿下」を使用しないとのこと、など。効力は春から

 英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)と、バッキンガム宮殿が、王室の「‘senior’ members」からの離脱を一方的に宣言したサセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)の今後について声明を出しています。

 まずはとりあえずリンクを貼ったうえで、下のほうに思うことを書いておきます。

 

 (英語:英国王室 公式ウェブサイト)Statement from Her Majesty The Queen | The Royal Family

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「A statement from Her Majesty The Queen. https://t.co/ZAPC5ARUup」 / Twitter

 

 陛下の声明については、夫妻の決定を尊重する、ということです。

 バッキンガム宮殿の声明には疑問符がつく部分があります。
 予算に関しては(警備予算については決まっていないようですが)夫妻のために支出されるものはなくなるようですが、サセックス公爵称号の剥奪がなかった以上、夫妻はこのブランドでいくらでも稼げるし、それをやられると次はどこの誰がなにをやらかすかわからないという懸念はまったく払拭されていません。

 しかしそれは、“ハリウッド君主政”の話で、一応このサイトは主にルールに関する真面目な話をするところ(そうだったんです)なので、それに関する話をします

 最大の問題はここ、

The Sussexes will not use their HRH titles as they are no longer working members of the Royal Family.

 夫妻はもはや「HRH」(His/Her Royal Highness)【=殿下】を使用しないという部分です。
 これはもちろん Prince 称号に触れていないため、ヘンリー王子殿下が王子であることは変わりありません(バッキンガム宮殿が数十年前のように勘違いしていなければ……している可能性が本気であるのが怖い……)。
 ですが「The Sussexes will not use」というのは、単に彼ら自身が使わないといっているだけであって、これは殿下の敬称に関して変更があったわけではないと取れます。また、サセックス公爵夫妻使わないというだけなので、乱暴に言ってしまえばメディアなどのわれわれ第三者は殿下と呼んでもいいともとれます。
 加えていいますと、英国の公爵には「HG」(His/Her Grace)【=閣下】という敬称が存在するわけで、今回、サセックス公爵称号についてはなんの処分もなかった以上、こちらを使えという話なのか、これもまた使わないのか。
 要は「夫妻についてフォーマルな場合は『~』と呼んでくれ、それ以外は好きにして」みたいなわかりやすい話がないのです。

 さらにいえば「as they are no longer working members of the Royal Family」(王室の公務をおこなう一員ではない)だから使わないだと、女王陛下の従弟のケント公爵家マイケル王子殿下夫妻らを筆頭に使っちゃいけない方々がたくさんいる気がしますが……。
 少なくとも英国では、公務をおこなわないから殿下を使わないなどという慣習はありません

 

The Duke and Duchess of Sussex have shared their wish to repay Sovereign Grant expenditure for the refurbishment of Frogmore Cottage, which will remain their UK family home.

 税金を使って居館を改装しましたが、そのお金を返還するとのことです。
 居館は(英国にいるときは)使用し続けるようです。
 この居館は王族の一員だから使用できるものだと思うんですが……。
 家賃を払うということですか??
 改修に三億円かかる居館の家賃はいくらになるのか……。

 

Buckingham Palace does not comment on the details of security arrangements.

 先にも述べましたが警備費用についてはコメントしないそうです。

 

This new model will take effect in the Spring of 2020.

 なお、効力は2020年春からだそうです。春っていつですか??
 これはつまり今回の声明は、具体的にいつの日付からこうなるとまだ細かく決めたものではなく、今後こんな風にやりますと述べただけであるということでしょう。

 

 繰り返しになりますが、今回の声明で感じた大きな問題点は次の二つです。

 一つは、称号と敬称。
 結局のところ、ヘンリー王子殿下のルール上の称号と敬称がどうなるのか正確にわからないということです。
 また、“マスター”・アーチー・マウントバッテン=ウィンザー(Master Archie Mountbatten-Windsor)の将来に関する言及がなかった以上、チャールズ皇太子殿下の即位と共に、1917年の勅令に基づいて男系の孫である彼は王子・殿下になりますし、そのように称されます(そもそも現段階ですら彼の位置付けがフワッフワで、これは本人の気質によってはかえって思い悩むんじゃないのという気もします)。
 もちろん、その時や、そうなりそうな時にあらためて「そうはなりませんよ」という告知を出せばそう称されませんが……。まさか“アーチー王子殿下”に将来的になにかを担ってもらう可能性を担保しておきたいわけでもないだろうし……。

 二つ目は、称号を使った商売の話。
 夫妻が王室ブランドを使って金儲けをするのを女王陛下がどこまで容認しているのか、というところがさっぱりわかりません。しかしこれも先に述べた通り、当面のところはこのサイトの対象としてはやや外れている話です。どこかほかの王室へ波及して誰かが捕まるということでもなければ、海外の大金持ちが大金を儲けるというだけのことです。

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子夫妻が称号を返上 公金も受け取らず(20/01/19) – YouTube

また、自宅の改装に投じられた日本円で3億円以上に及ぶ税金を返納する意思があることも明らかになりました。

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子夫妻が称号を返上 公金も受け取らず(20/01/19) – YouTube

ANNnewsCH(ANN NEWS):
メーガン妃、カナダでの様子も・・・波紋広がる称号返上(20/01/20) – YouTube

ANNnewsCH(ANN NEWS):
「他に選択肢なかった」王室離脱問題でヘンリー王子(20/01/20) – YouTube

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子「王室離脱以外に選択肢なかった」(20/01/20) – YouTube

 一方、王子夫妻が今後、拠点にするとみられるカナダでは様々な意見が上がっています。
 地元住民:「(警備などに)私たちの税金を使うべきではない」「彼らは私たちの伝統で財産の一部だ。豊かなカナダが払っても問題ない」
 カナダメディアは、2人の警備に年間で約11億円もの負担を強いられかねないと伝えています。

 

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal) • Instagram写真と動画

 

 ハリー王子夫妻 「王室の称号使わず」 英王室 | NHKニュース
 ハリー王子夫妻 “王室離脱” 英メディア 女王は厳格な対応も | NHKニュース
 英 ハリー王子「女王に仕え続けたいと望んだが かなわず」 | NHKニュース

 (英語)Harry and Meghan drop royal duties and HRH titles – BBC News

 

アルゼンチンのバーガーキングが、ヘンリー王子殿下【ハリー王子】夫妻に、経済的自立のために同社で働くことを提案(2020年1月)※同社によるジョークです

 アルゼンチンのバーガーキングが、英国王室の主要な役割から離れることを発表したサセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)に対し、経済的自立のために同社で働くことを提案していたようです。

※同社によるジョークです。

 

 (英語)Burger King Print Advert By Hoy: Dear Dukes | Ads of the World™

適当訳
「親愛なる公爵夫妻
 もし仕事を探しているのなら、
 私たちはあなた方のための新しい“王冠(クラウン)”を持っている。

 私たちは王子と公爵夫人が王室の役割から離れることを決め、経済的独立のために働くつもりだと知りました。

 そこで提案があります:数千人の人々のように、私たちと仕事の世界への一歩を踏み出しましょう。
 この“王冠(クラウン)”はあなた方に完璧に似合います。
 
 公爵夫妻としての長年の生活の後、王のように食べ始める時です」

 (英語)Burger King Offers Harry & Meghan Its Crown, Promising ‘Financial Independence’ – DesignTAXI.com

 

?な記事(英語):「ハリーやメーガンの他に公務から退いた6人(※現在の表記)の若い王族」。マイケル王子殿下、故エドワード8世、清子内親王殿下、絢子女王殿下、ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下の ※5人※ (2020年1月)

 謎の記事(?)を見つけたのでリンクしておきます。

 

Royals Who Have Given Up Their Duties | POPSUGAR Celebrity
6 Young Royals (Other Than Harry and Meghan) Who Chose to Step Back From Their Duties

※現在のところ、「ハリーやメーガンの他に公務から退いた6人の王族」となっていますが、紹介は5人だけです。


※右下の Start Slideshow を押すとページが切り替わります。

 

 5人は、
 英国のケント公爵家マイケル王子殿下(カトリックとの結婚により英国王位継承順位に並ばなくなる、が、2013年の法改定で回復)、
 故・エドワード8世(結婚するために、退位)、
 清子内親王殿下(黒田清子夫人。結婚により皇室を離れる)、
 絢子女王殿下(守谷絢子夫人。結婚により皇室を離れる。「I will leave the imperial family today, but I will remain unchanged in my support for his majesty and her majesty.(日本語未確認:私は本日皇室を離れますが、両陛下を支え続けることは変わりありません)」。確かにこの英語文だとヘンリー王子殿下夫妻の声明と似ている気がしますが……)
 ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下(自分の収入で生きていくことを選んだため、敬称が降格しました)、