インタビュー動画(インタビュー部分は英語):現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下のスロベニア訪問時のインタビュー(2022年6月)

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)のスロベニア共和国訪問時のインタビュー映像です。
 冒頭は英語字幕付き、インタビュー部分は英語です。

 

RoyalSerbianChannel(セルビア王室 公式チャンネル):
Crown Prince Alexander interview with Slovenia Television – YouTube

インタビュー記事(セルビア語):現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下への主に長男のペータル殿下の権利放棄に関連する内容のインタビュー記事(2022年5月)

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)へのインタビュー記事が掲載されています。

 長男で継嗣だったペータル殿下が権利放棄をおこなったことに関してが主要な内容です。

 

 (ラテン文字セルビア語)OVO JE ISTINA O DEŠAVANJIMA NA KRALJEVSKOM DVORU: Prestolonaslednik Aleksandar Karađorđević ekskluzivno za "Novosti"

 

 内容ですが、アレクサンダル2世殿下の現在の妻(後妻)カタリナ妃殿下とアレクサンダル2世殿下の前妻との子供たちが不仲・疎遠ではないかという話に対し、アレクサンダル2世殿下が否定しきれていない、というのが一つ。
 ただし、カタリナ殿下を擁護するような形でコメントをしているといえるでしょうか。

 ペータル殿下の権利放棄に関してですが、ペータル殿下がもう継嗣をやめたいということやフィリップ王子殿下から同地にいるかなどの連絡を受けていたものの、権利放棄の式典のことなどはまったく聞いておらず、その後に権利放棄文書と証人らの署名が唐突にメールで送られてきたこと。
 また、本土ではなく、スペインで、当主である自分の事前の了解や臨席も、セルビア総主教の臨席もなしにおこなわれており(ただしポルフィリイェ総主教の祝福を受けた司祭は臨席)、(断言していませんが)ユーゴスラビア王国の法やカラジョルジェヴィッチ家の伝統的な観点からは無効と主張する余地がありそうです。
 そして、全般的に感じられるのは、アレクサンダル2世殿下はセルビア共和国内の保守的・伝統的勢力から外されるような動きを受けているのではないかという疑いです。アレクサンダル2世殿下を正統な王位の継承者とするなら、このような無礼な行動は問題外です。

現在セルビア王室を称するユーゴスラビア王室のペータル王世子殿下が継嗣としての権利を放棄(2022年4月)弟のフィリップ殿下が次期当主に

 2022年4月27日、現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室の継嗣ペータル殿下(His Royal Highness Hereditary Prince Peterペータル・カラジョルジェヴィッチPetar Karađorđević)が、同王室の継嗣としての権利を放棄しました。

 

 (英語)Crown Prince Petar Karađorđević Abdicates In Favour Of Prince Philip
※記事の見出しが「Crown Prince Petar Karađorđević」になっていてややこしいですが……。

 

 ペータル殿下は、現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)の長男で継嗣(でした)。
 ペータル殿下の決定の理由は、ご本人がどうやらセルビアでの活動を熱心におこなっていない/これからもおこなうつもりがないことのようです。
 弟のフィリップ殿下はセルビア国内で熱心に活動しており、要人として政治家らと共に並ぶ姿もしばしばです。さらに子息のステファン王子も誕生しており、将来的な王室の当主がこれではっきりしました。
 ペータル殿下の決定は、父アレクサンダル2世殿下には不満だったとの情報もあります。
 また、決定は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会のセルビア総主教ポルフィリイェ聖下にも伝達されたようです。

 報道及び現在の王室公式サイト表記などでは、ペータル殿下の称号は王子となっており、王室の一員としての地位は変わっていません。

 また、気が早い文書などではペータル殿下を「ペータル3世」としていたものもありますが、この歴代数が将来的にどうなるのかはわかりません。

 

関連:
 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア王室のペータル王子殿下(直近に継嗣としての権利を放棄)に婚外子(女子)がいるとの報道(2022年4月)
 インタビュー記事(セルビア語):現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下への主に長男のペータル殿下の権利放棄に関連する内容のインタビュー記事(2022年5月)

セルビア王ペータル1世崩御100周年:キリスト教/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下が礼拝をおこなう(2021年8月)現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻、フィリップ王子殿下夫妻、ミハイロ王子殿下夫妻が参列

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2021年8月16日、セルビア王(後にセルビア人・クロアチア人・スロベニア人の王)ペータル1世の崩御100周年となりました。

 キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Porfirije, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)は、オプレナツ教会(聖ジョルジェ教会)にて礼拝をおこないました。
 ブラニチェヴォ主教イグナティイェ座下(His Grace Bishop Ignatije of Braničevo)
 ニシュ主教アルセニイェ座下(His Grace Bishop Arsenije of Niš)
 (元)カナダ主教ゲオルギイェ座下(His Grace Bishop Georgije, retired Bishop of Canada)
 シュマディヤ主教ヨヴァン座下(His Grace Bishop Jovan of Šumadija)
 が共同司式。

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)およびユーゴスラビア皇太子妃【セルビア皇太子妃】カタリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)、
 次男のユーゴスラビア王子【セルビア王子】フィリップ殿下(His Royal Highness Prince Philip of Yugoslavia / Serbia : フィリプ・カラジョルジェヴィッチFilip Karađorđević)とユーゴスラビア王子妃【セルビア王子妃】ダニカ殿下(Her Royal Highness Princess Danica of Yugoslavia / Serbia : ダニカ・カラジョルジェヴィッチDanica Karađorđević
 従弟のユーゴスラビア王子【セルビア王子】ミハイロ殿下(1985年生まれの方 : His Royal Highness Prince Mihailo of Yugoslavia / Serbia )とユーゴスラビア王子妃【セルビア王子妃】リュビツァ殿下(Her Royal Highness Princess Ljubica of Yugoslavia / Serbia)、
 そのほか、セルビア共和国・スルプスカ共和国から政治家・軍関係者らが参列したようです。

 

 (英語:セルビア王室 公式サイト)CENTENARY OF KING PETER FIRST DEATH COMMEMORATED IN OPLENAC – The Royal Family of Serbia

 (英語:セルビア正教会 総主教庁 公式サイト)Centennial of the death of King Peter the First | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 (セルビア語:セルビア正教会 シュマディヤ教区 公式サイト)СТОГОДИШЊИЦА УПОКОЈЕЊА КРАЉА ПЕТРА I КАРАЂОРЂЕВИЋА (1921-2021) – Епархија Шумадијска
108枚の写真が掲載されており、
 47枚目左端:ミハイロ王子殿下夫妻
 48枚目:アレクサンダル2世殿下夫妻
 84枚目:フィリップ王子夫妻
 95枚目~98枚目:
 99枚目:ポルフィリイェ総主教とアレクサンダル2世
 その後108枚目まで数枚のうちに写っている写真があります。
 (総主教はそのほか多数)

 

Aleksandar II Karadjordjevic(@royalserbia) • Instagram写真と動画

 

Телевизија Храм:
Беседа Патријарха српског Г. Порфирија на Опленцу – YouTube

動画より/
04分56秒頃アレクサンダル2世殿下夫妻

07分37秒頃フィリップ王子夫妻

※その他、9分29秒頃にアレクサンダル2世殿下

 

Телевизија Храм:
Патријарх српски Г. Порфирије богослужио у Цркви Светог Великомученика Георгија на Опленцу – YouTube

動画より/
50秒頃:アレクサンダル2世殿下

1分26秒頃:フィリップ王子夫妻

現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、セルビア北部キキンダにて、ペータル1世の胸像の除幕式に臨席(2021年8月)キキンダ市長が参列

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)およびユーゴスラビア皇太子妃【セルビア皇太子妃】カタリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)はセルビア共和国のキキンダにて、セルビア王(後にセルビア人・クロアチア人・スロベニア人の王)ペータル1世の胸像の除幕式に臨席しました。

 キキンダ市長ニコラ・ルカッチ閣下(Nikola Lukač)が参列。
 胸像はセルビアの彫刻家ドリンカ・ラドヴァノヴィッチDrinka Radovanović)によるものだそうです。

 

 (英語:セルビア王室 公式サイト)MONUMENT TO KING PETER I UNVEILED IN KIKINDA – The Royal Family of Serbia
 (セルビア語:キキンダ市 公式サイト)KikindaOnline | Спомен бисту краљу ослободиоцу у центру Кикинде открио његов праунук

Aleksandar II Karadjordjevic(@royalserbia) • Instagram写真と動画

 

Grad Kikinda(@grad.kikinda) • Instagram写真と動画