スウェーデン王カール16世グスタフ陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)は、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)への弔意を表明しました。

 

 (英語:スウェーデン王室 公式サイト)Statement following the death of The Duke of Edinburgh – Sveriges Kungahus

 

Kungahuset 🇸🇪(@kungahuset) • Instagram写真と動画

誕生(2021年3月26日):スウェーデン王子ジュリアン【ユリアン】(ハッランド公爵)。スウェーデン王子カール・フィリップ殿下夫妻の第三子・三男

 2021年3月26日、スウェーデン王子カール・フィリップ殿下と王子妃ソフィア殿下の間の第三子・三男となるハッランド公爵スウェーデン王子ジュリアン(Prince Julian of Sweden, Duke of Halland)が誕生しました。
 全名はジュリアン・ヘルベルト・フォルケ(Julian Herbert Folke)。

 ジュリアン王子は広義の王室の一員に含まれ、スウェーデン王位継承順位第7位となりますが、殿下の敬称(His Royal Highness)を持ちません。

※名前ですが、「ユリアン」のほうがよいかとも思いましたが、祖父であるカール16世グスタフ陛下の情報閣議(下記の動画)での発音は「ジュリアン・ヘルベット・フォルケ」が近いかなと思います。
 もっとも、当方が正しく聞き取れている保証はないうえに、陛下の発音が正しい(というか両親が希望している発音と同じ)保証もありません。

 

Kungahuset 🇸🇪はInstagramを利用しています:「Prins Julian. 📷: H.K.H. Prins Carl Philip」

 

Kungahuset(スウェーデン王室公式チャンネル):
Konselj med anledning av H.K.H. Prinsessan Sofias nedkomst – YouTube

字幕あり版/
Kungahuset(スウェーデン王室公式チャンネル):
Konselj med anledning av H.K.H. Prinsessan Sofias nedkomst – textad version – YouTube

 

 (英語:スウェーデン王室 公式サイト)Announcement from HE The Marshal of the Realm – Sveriges Kungahus
 (写真:英語:スウェーデン王室 公式サイト)Prince Julian Herbert Folke – Sveriges Kungahus

 

 (スウェーデン語)Prinsessan Sofias nya bilder på prins Julian med syskonen | Svensk Dam


※名前の由来の人物などを紹介

スウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下夫妻が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】検査で陽性、軽症(2021年3月)自主隔離へ

 スウェーデン王室のスウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下(ヴェステルイェートランド女公爵 : Victoria : Her Royal Highness The Crown Princess of Sweden, Duchess of Västergötland)と夫のスウェーデン王子ダニエル殿下(ヴェステルイェートランド公爵 : His Royal Highness Prince Daniel of Sweden, Duke of Västergötland)が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】検査で陽性となった模様。症状は軽症。
 二人の子供、スウェーデン王女エステル殿下(エステルイェートランド女公爵 : Her Royal Highness Princess Estelle of Sweden, Duchess of Östergötland)およびスウェーデン王子オスカル殿下(スコーネ公爵 : His Royal Highness Prince Oscar of Sweden, Duke of Skåne【Scania】)とともに自主隔離に入り、感染経路の調査がおこなわれているようです。

 

 

 (英語)Coronavirus Sweden: Crown Princess Victoria and Prince Daniel test positive | Daily Mail Online

婚約(2021年3月):クリスティアン・フォン・セルシング氏(スウェーデン貴族)とフィリッパ・カドガン閣下(英国のカドガン伯爵の孫)

 クリスティアン・フォン・セルシング氏(Christian von Celsing)とフィリッパ・カドガン閣下(The Honourable Philippa Cadogan)の婚約が発表されています。

 クリスティアン・フォン・セルシング氏は1992年生まれで、スウェーデン貴族の家系。
 フィリッパ・カドガン閣下も同じく1992年生まれ、父はチェルシー子爵エドワード・カドガンで、第8代カドガン伯爵チャールズ・カドガンの継嗣です。

 

 (英語)Mr C. von Celsing and the Hon Philippa Cadogan – Engagements Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: von Celsing/Cadogan engagement

「イタリア君主政主義者連合」(UMI)が、スウェーデン王カール16世グスタフ陛下によるスウェーデンのコロナ対策を「失敗」とした発言に関して、妙な声明を発表(2020年12月)要旨(たぶん)「王様がいるとビシっと言ってくれるからイイネ!」

 既報の通り、スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)が、同王国の同国の新型コロナウイルス感染症【COVID-19】対策を失敗だったとコメントしています。

関連:
 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下が、同国の新型コロナウイルス感染症【COVID-19】対策を失敗だったとコメント(2020年12月)

 これに関して、イタリア王室アオスタ系統を主に支持する「イタリア君主政主義者連合」(UMI)が声明を発表。

 

 (イタリア語)Comunicato stampa del 18 dicembre 2020

 

 正直なところ、相変わらずなにをいっているのかよくわからないのですが、政党に拘束されない王様の発言により真実が示されるので人々は政府が正しいか判断できるようになると言っているようにとれます。なにか納得いきませんが、とりあえずほかのことを主張しているようには思えないので、そうなんじゃないかなと思います。しかしこれでは彼らが王政を求めていることを考えれば、「王様がいるとビシっと言ってくれるからイイネ!」以上の意味はないので、もしかしたら当方の読み間違いかもしれません。

 あと、記事中で、

Carlo Gustavo XVI

 と名前を表記していますが、他の言語と同じくイタリア語でも、

Carlo XVI Gustavo

 と、16世の位置はカルロとグスタヴォの間のここです(手打ちしてると間違えるっちゃ間違えますけど……)。