スウェーデン王カール16世グスタフ陛下が、スウェーデン王国駐箚の新任の四ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2020年1月)

 2020年1月16日、スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)は、スウェーデン王国を駐箚する、新任の四ヶ国(南アフリカ共和国、パナマ共和国、ラオス人民民主共和国、バハマ国)の特命全権大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

 

Kungahuset(スウェーデン王室 公式チャンネル):
Högtidliga audienser på Kungliga slottet – YouTube

 

Kungahuset – Högtidliga audienser den 16 januari 2020 | Facebook

Högtidliga audienser den 16 januari 2020

I dag var första tillfället under 2020-talet som Kungen gav audienser för nytillträdda utländska ambassadörer. Mottagandet av de utländska sändebuden i Sverige följer ett gammalt ceremoniel och är tämligen unikt i världen med sina månghundraåriga traditioner.

Kungahusetさんの投稿 2020年1月16日木曜日

 

 (スウェーデン語:スウェーデン王室 公式ウェブサイト)Kungen gav högtidliga audienser för nya ambassadörer – Sveriges Kungahus

 

Kungahuset – I dag lämnade ambassadörerna från Sydafrika,… | Facebook

I dag lämnade ambassadörerna från Sydafrika, Panama, Laos och Bahamas över sina kreditivbrev till Kungen i högtidliga…

Kungahusetさんの投稿 2020年1月16日木曜日

 

Kungahuset(@kungahuset) • Instagram写真と動画

 

Kungahuset(@kungahuset) • Instagram写真と動画

 

離婚(2020年1月):グスタフ・マグヌソン氏夫妻が離婚。スウェーデンのクリスティーナ王女(マグヌソン夫人)の長男

 2020年1月13日、グスタフ・マグヌソン氏(Gustaf Magnuson)とヴィッキ夫人(Vicky)が離婚届を提出した模様です。
 グスタフ・マグヌソン氏は、スウェーデン王国のクリスティーナ王女(マグヌソン夫人 : Princess Christina, Mrs. Magnuson)の長男、クリスティーナ王女はスウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)の四姉です。

※クリスティーナ王女は、結婚後は殿下【Her Royal Highness】が使用されていません。

 

 (スウェーデン語)Gustaf Magnuson och Vicky Andrén skiljer sig

 

葬儀(2020年1月3日):アリ・ベーン氏の葬儀。ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下の元夫

 昨年【2019年】12月25日に死去したアリ・ベーン氏(Ari Behn)の葬儀がおこなわれました。

 

※ライブ映像配信終了後は視聴できなくなる可能性があります。
Dagbladet:
SE: Direkte fra Oslo domkirke – YouTube

 

 ノルウェー王室の方々のほか、
 スウェーデン王子ダニエル殿下(ヴェステルイェートランド公爵 : His Royal Highness Prince Daniel of Sweden, Duke of Västergötland)、
 オランダ王子妃ローレンティン殿下(オランニェ=ナッサウ公子妃 : Her Royal Highness Princess Laurentien of the Netherlands, Princess of Orange-Nassau, mevrouw Van Amsberg-Brinkhorst)、
 が参列。

 

 長女のモード・アンゲリカ・ベーン嬢(Maud Angelica Behn)がスピーチを予定。

 (ノルウェー語)Maud Angelica (16) skal holde tale i farens bisettelse

 

 ノルウェー国教会のオスロ監督カリ・ヴァイタバルグ座下(The Right Reverend Kari Veiteberg Ph.D., Bishop of Oslo)が司式の模様。

 

追加リンク:

 (英語:ノルウェー王室公式サイト)Ari Behn’s funeral – The Royal House of Norway

 ノルウェー王女マッタ・ルイーセ殿下(Her Highness Princess Märtha Louise of Norway)のメッセージ:
 (ノルウェー語:ノルウェー王室公式サイト)Minneord fra Prinsesse Märtha Louise – kongehuset.no

 

スウェーデン王位継承順第2位のスウェーデン王女エステル殿下がスキーで骨折との情報(2020年1月?)

 スウェーデン王位継承順第2位のスウェーデン王女エステル殿下(エステルイェートランド女公爵 : Her Royal Highness Princess Estelle of Sweden, Duchess of Östergötland)が、一家で休暇中にスキーで骨折との情報です。

 

 (スウェーデン語)Prinsessan Estelle, 7, skadad i skidbacken i Alperna | Aftonbladet

 

 エステル王女殿下は、スウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下(ヴェステルイェートランド女公爵 : Victoria : Her Royal Highness The Crown Princess of Sweden, Duchess of Västergötland)とスウェーデン王子ダニエル殿下(ヴェステルイェートランド公爵 : His Royal Highness Prince Daniel of Sweden, Duke of Västergötland)夫妻の第一子で、今回は弟のスウェーデン王子オスカル殿下(スコーネ公爵 : His Royal Highness Prince Oscar of Sweden, Duke of Skåne【Scania】)も共に休暇中だったとのこと。

 昨年末に死去したアリ・ベーンの葬儀にはダニエル王子殿下が単独で参列となる見込みです(確定ではないようですが……)。

 

訃報(2019年12月22日):ダグマー・フォン・アルビン(ヴィスボリ伯爵女ダグマー・ベルナドット)が薨去(1916~2019)スウェーデン王(ノルウェー王)オスカル2世の男系子孫

 2019年12月22日、ダグマー・フォン・アルビン(Dagmar von Arbin : ヴィスボリ伯爵女ダグマー・ベルナドット : Countess Dagmar Bernadotte af Wisborg)が薨去した模様です。
 1916年4月10日生まれの103歳。

 

 (スウェーデン語)Kungens äldsta släkting Dagmar von Arbin har dött
 (スウェーデン語)Just nu! Hovet i sorg – kungens äldsta släkting har gått bort | Svensk Dam

 

 スウェーデン王(ノルウェー王)オスカル2世
 ↓
 ヴィスボリ伯爵オスカル・ベルナドット公(ゴットランド公爵スウェーデン王子オスカル
 ↓
 ヴィスボリ伯爵子カール・オスカル・ベルナドット
 ↓
 ダグマー・フォン・アルビン
 という系譜になります。

 アルビン家はスウェーデンの無爵位貴族。

 ベルナドット公はスウェーデン王室の貴賤結婚をした人物に叙されたことのあるルクセンブルクの称号
 ヴィスボリ伯爵~はその人物や男系子孫のための(同じく)ルクセンブルクの称号です。