訃報(2022年9月21日):第18代ズーチ男爵(ズーチ・オブ・ハリングワース男爵)ジェームス・フランクランド閣下、卒去(1943~2022)

 2022年9月21日、英国のイングランド貴族/第18代ズーチ・オブ・ハリングワース男爵ジェームス・フランクランド閣下(James Frankland, 18th Baron Zouche of Haryngworth : ズーチ・オブ・ハリングワース卿 : Lord Zouche of Haryngworth)が卒去したようです。
 1943年2月23日生まれの79歳。

※今回知ったのですが、ズーチ男爵(Baron Zouche)ではなくズーチ・オブ・ハリングワース男爵(Baron Zouche of Haryngworth)が正確のようです。英国議会の公式サイトも「Lord Zouche of Haryngworth」と表記しています。
 (英語:英国議会 公式サイト)Parliamentary career for Lord Zouche of Haryngworth – MPs and Lords – UK Parliament

 

 18代男爵は、第12代フランクランド準男爵でもありました。
 どちらも子息のウィリアム・フランクランド閣下が継承することになります。
 また、今年誕生したウィリアム閣下の子息、トーマス・フランクランド閣下がその継嗣となります。

 

 (英語)ZOUCHE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The 18th Baron Zouche 1943-2022

訃報(2022年9月11日):英国の第17代バハン伯爵【バカン伯爵】マルコム・アースキン閣下が薨去(1930~2022)

 2022年9月11日、英国のスコットランド貴族/第17代バハン伯爵マルコム・ハリー・アースキン閣下(Malcolm Harry Erskine, 17th Earl of Buchan)が薨去したようです。
 1930年7月4日生まれの92歳。

 薨去に伴い、子息のヘンリーHenry)が第18代伯爵となっていると思われます。Telegraphの訃報内家族標記では名前をハリー(Harry)と表記しています。愛称かもしれませんが、薨去した伯爵の名前の一部がハリーなので、判断に困るケース。
 また、第18代伯爵の継嗣アレクサンダーがカードロス卿(Lord Cardross)の儀礼称号を用いることになるでしょう。

 

 (英語)BUCHAN – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The 17th Earl of Buchan 1930-2022

訃報(2022年9月15日):“サー”・ジョン・ロバート・モウブレー準男爵(第6代)が卒去(1932~2022)卒去に伴い準男爵位は消滅

 2022年9月15日、英国の連合王国準男爵“サー”・ジョン・ロバート・モウブレー準男爵【第6代】(Sir John Robert Mowbray, Bt : 6th Baronet)が卒去したようです。
 1932年3月1日生まれの90歳。

 準男爵には娘三人のみで男子がおらず、また初代準男爵の男系男子も存在していないようで、卒去に伴い、同・準男爵位は消滅しました。

 

 (英語)MOWBRAY – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Sir John Robert Mowbray, 6th Baronet 1932-2022

スウェーデンの王立熾天使騎士団の騎士であった英国女王エリザベス2世陛下の国葬にあわせ、リッダルスホルメン聖堂にて鐘が鳴らされる(2022年9月)

 2022年9月19日、スウェーデン王国のリッダルスホルメン聖堂にて、王立熾天使騎士団(Royal Order of the Seraphim)の722人目の騎士、英国女王エリザベス2世陛下の訃報を受けて、国葬の日にあわせて鐘が鳴らされました。

 

Kungahuset(スウェーデン王室 公式チャンネル):
Serafimerringning för drottning Elizabeth II – YouTube

 

Kungahuset – Serafimerringning för Drottning Elizabeth II | Facebook

 

 (スウェーデン語:スウェーデン王室 公式サイト)Serafimerringning för Drottning Elizabeth II | Kungahuset

【更新中】国葬(2022年9月19日):英国女王エリザベス2世陛下の国葬

 2022年9月19日、9月8日に崩御した英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)の国葬がおこなわれています。

 

ライブ配信終了後は視聴できなくなる可能性があります/
The Royal Family(英国王室 公式チャンネル):
State Funeral for Her Majesty The Queen – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=TN2vT_jpW1o

埋葬式/
Committal Service for Her Majesty The Queen – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=G1mi7J-VtHk

 

参列者(地域別に別記事を追記予定):
 英国王室関係者
 欧州の各王室・旧王室
 中東を含むアジアの各王室・旧王室
 アフリカの各王室・旧王室
 オセアニアの各王室・旧王室
 (アメリカの各王室・旧王室)
 (その他)

 

 【解説】 エリザベス英女王、葬儀はどこでどのように – BBCニュース
 葬儀前からの各種概説の他、ページの下の方になりますが、ウェストミンスター寺院の、座席の位置を含む簡単な図があります。参列者の位置などをある程度把握できるかと思います。

 エリザベス2世の国葬、葬列から埋葬式まで – BBCニュース
 エリザベス英女王の埋葬式、棺から王権の象徴が下ろされ – BBCニュース

 

 エリザベス女王国葬【最新情報】日本時間 午後7時~ | NHK | エリザベス女王
 NHKは記事を随時更新しています。

 (英語)Funeral of Queen Elizabeth II: Queen's funeral procession begins as coffin carried to Westminster Abbey – BBC News
 BBCによるライブレポートです。

 

続きを読む 【更新中】国葬(2022年9月19日):英国女王エリザベス2世陛下の国葬