ノルウェー皇太子ホーコン殿下が、エストニア大統領カリユライド閣下と会見(2020年11月)

 ノルウェー皇太子ホーコン殿下(Crown Prince Haakon of Norway : His Royal Highness The Crown Prince)は、ノルウェー王国を訪問したエストニア共和国大統領ケルスティ・カリユライド閣下(Her Excellency Ms Kersti Kaljulaid)と会見しました。

 

 (ノルウェー語:ノルウェー王室 公式サイト)Audiens for Estlands president – Det norske kongehus

 

Kongehuset – Kronprins Haakon tok i dag imot Estlands… | Facebook

 

Det Norske Kongehuset(@detnorskekongehus) • Instagram写真と動画

 

Kersti KaljulaidさんはTwitterを使っています 「Meetings in #Oslo continue. Warm welcome recieved from Crown prince Haakon of #Norway, with whom we met last time in #Tallinn. Being here in Norway means being among friends. https://t.co/87IZWvIQ7b」 / Twitter

 

英国のタブロイド紙「The Sun」が、4月にウィリアム王子殿下が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】で発症していたと報道(2020年10月)一時期呼吸困難。チャールズ皇太子殿下とジョンソン首相閣下の感染もあったため、パニックになるのを恐れて秘匿したとしています

 英国のタブロイド紙「The Sun」が、今年【2020年】の4月に、英国王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】を発症しており、一時期呼吸困難で周囲は慌てていたと報道しています。

 同紙によると、当時はチャールズ皇太子殿下やジョンソン首相閣下の感染が報じられており、殿下自身の感染を公表することで社会をパニック・モードにしたくなかったため、秘匿してオンラインで公務をこなしていたということです。

 なお、タブロイド紙のため、信憑性はとりあえずわからないということだけは付記しておきます。
追記:
 他の複数の現地メディアも報道している模様。

 

 (英語)Prince William battled coronavirus in April but kept it secret because he didn't want to alarm nation

 “ウィリアム王子 4月に新型コロナ感染” 英メディア報道 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英ウィリアム王子 新型コロナに感染していた(2020年11月2日) – YouTube

 

英国王室のチャールズ皇太子殿下夫妻が、イングランド銀行を訪問(2020年10月)

 英国王室【イギリス王室】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とコーンウォール公爵夫人カミラ妃殿下(Camilla : Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)はイングランド銀行を訪問しました。

 

The Royal Family Channel:
Prince Charles and Camilla Visit Bank of England – YouTube

 

Clarence House(@clarencehouse) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall visited the Bank of England today to hear how the Bank is supporting the national economy through the COVID-19 pandemic. The Bank of England has measures in place to help keep firms in business and people in jobs, with the aim of minimising the longer-term damage to the economy when COVID-19 subsides. Greeted by the Bank of England Governor Andrew Bailey, The Prince and The Duchess met staff involved in the production of bank notes and viewed archive and unreleased material. The Bank is working to decrease its environmental impact through recycling notes into everyday objects! ♻️ To finish the visit, Their Royal Highnesses met with representatives of the Bank’s education and outreach programme and some of its recipients, before joining a virtual conversation with regional agents who dialled in from across the UK.

A post shared by Clarence House (@clarencehouse) on

 

The Prince of Wales and The Duchess of CornwallさんはTwitterを使っています 「The Prince and The Duchess meet with representatives of the Bank’s education and outreach programme, and some of its recipients. https://t.co/AoTZBSWrRS」 / Twitter

 

The Prince of Wales and The Duchess of CornwallさんはTwitterを使っています 「To end the visit, Their Royal Highnesses join a virtual conversation with the @bankofengland’s regional agents who are calling in from across the UK! https://t.co/GOewHvTFa3」 / Twitter

 

Bank of EnglandさんはTwitterを使っています 「The Prince of Wales and the Duchess of Cornwall visited the Bank today, to find out more about the work of the Bank during the pandemic. https://t.co/pL8Q42IA2X」 / Twitter

 

Bank of EnglandさんはTwitterを使っています 「Their Royal Highnesses met with the Governor and Chair of Court, as well as other Bank colleagues to discuss a range of topics, including Banknote production, the work of our regional agents and our Outreach and Education Programme. https://t.co/rHLQbv6hW5」 / Twitter

 

Bank of EnglandさんはTwitterを使っています 「The Prince of Wales and the Duchess of Cornwall also met with colleagues to discuss early careers, diversity and mental health. https://t.co/2PYDdw8PH1」 / Twitter

 

デンマーク女王マルグレーテ2世陛下が新年【2021年】年初の晩餐会などの中止を決定した模様(2020年10月)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の影響を鑑み

 デンマーク女王マルグレーテ2世陛下(Margrethe II of Denmark : Her Majesty The Queen)は、恒例となっている新年年初の晩餐会などの年初の会合の中止を決定したようです。

 代わりに(というほどでもないでしょうが)、2021年1月4日に、デンマーク首相メッテ・フレデリクセン閣下(Mette Frederiksen)ら国内の要人らとの小規模な会見が予定されています。

 

 (英語:デンマーク王室 公式サイト)Cancellation of New Year’s banquet and New Year’s levees in 2021 | The Danish Monarchy – Front Page

 

訃報(2020年8月11日):シャウムブルク=リッペ公子ヴァルデマール殿下、薨去(1940~2020)故デンマーク王女フェオドラ殿下の子息

 2020年8月11日、シャウムブルク=リッペ公子ヴァルデマール殿下(Hochfürstlich Durchlaucht Prince Waldemar of Schaumburg-Lippe : ヴァルデマール・プリンツ・ツー・ シャウムブルク=リッペWaldemar Prinz zu Schaumburg-Lippe)が薨去していたようです。
 1940年12月19日生まれの79歳。アメリカ合衆国のロサンゼルスで亡くなったようで、長期の治療中だったのでしょう。

 母は故デンマーク王女フェオドラ殿下。

 ヴァルデマール公子は四回結婚しており、一回目の結婚相手との間に一人娘のシャウムブルク=リッペ公女エレオノーレ殿下(Her Serene Highness Princess Eleonore of Schaumburg-Lippe)がいます。
 四回目の結婚相手のゲルトラウト公子妃殿下(Gertraud)と(おそらく)その連れ子で公子の養子のマリオ=マックス・プリンツ・ツー・ シャウムブルク=リッペ(養子なので名前は継げますが、一族というわけではありません : Mario-Max Prinz zu Schaumburg-Lippe)が最期を看取り、火葬後に死去を含めてエレオノーレ殿下に通知するということがあったようです。よくある争いというか仲が良くないというケースであると思いますが……。

 

 (デンマーク語)Prins Waldemar er død – Ekstra Bladet

 (デンマーク語)Holdt uvidende om fars begravelse – Ekstra Bladet

 

エレオノーレ殿下によるメモリアル・サービスの参列者:
 ローセンボー伯爵子ウルリックと伯爵子夫人ユディス、娘のローセンボー伯爵女カタリーナ
 ローセンボー伯爵女シャロッテと夫のトルベン・ヴルフ
 カステル=カステル伯女ティーラ殿下と夫のカール・モーリッツ・メーズ
 ローセンボー伯爵女ヨセフィーネ
 ローセンボー伯爵女フェオドラと夫のモルテン・ポウルセン
 パウル・クリコフスキー(ロシア大公女オリガ・アレクサンドロヴナの曾孫)
 デンマーク王国駐箚チェコ共和国特命全権大使ラデック・ペック閣下
 デンマーク王国駐箚ルーマニア特命全権大使アレクサンドル・グレディナー閣下