ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下が、祖母のルーマニア皇太后エレナ陛下の遺骸をスイスからルーマニアのクルテア・デ・アルジェシュ大聖堂に移すことを決定(2019年9月)

 ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)は、祖母のルーマニア皇太后エレナ陛下(Her Majesty HelenElena】, Queen Mother of Romania)の遺骸をスイス連邦ローザンヌのボワ=ド=ヴォー墓地からルーマニア国内のクルテア・デ・アルジェシュ大聖堂に移すことを決定したようです。

 エレナ陛下はギリシャ王室出身で、ルーマニア王ミハイ1世陛下の母です。

 

 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式ニュース配信サイト)Regina-Mamă Elena a României | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 (英語:ルーマニア正教会通信)Queen Helen's remains to be moved to Curtea de Arges Cathedral – Basilica.ro

 

エレナ陛下に関する映像/

Familia Regală Filme:
Regina-Mamă Elena a României – YouTube

Familia Regala a Romaniei – Regina-Mamă Elena a României | Facebook

Regina-Mamă Elena a României

Regina-Mamă Elena a RomânieiLa 3 mai 1896, a venit pe lume, la Palatul Tatoi, lângă Atena, Regina-Mamă Elena a României, mama Regelui Mihai I. Alteţa Sa Regală Principesa Elena a Greciei şi a Danemarcei a fost fiica Regelui Constantin I al elenilor şi a Reginei Sofia (născută Principesă Imperială a Prusiei). A fost sora Regilor George al II-lea, Alexandru şi Pavlos ai Greciei. S-a căsătorit la Atena, la 10 martie 1921, cu Principele Moştenitor Carol, de care a divorțat la 21 iunie 1928. În 1940 a devenit Regina-mamă a României. Regina Elena a luat calea exilului, împreună cu fiul său, în ziua de 3 ianuarie 1948. A murit în ziua de 28 noiembrie 1982, la Lausanne. Spre deosebire de Regele Mihai I, Regina Elena nu a putut revedea niciodată țara sa. Majestatea Sa Margareta a decis aducerea rămășițelor pământești ale bunicii sale la Curtea de Argeș, în Noua Catedrală Arhiepiscopală și Regală.Ilustrația muzicală a acestui video este lucrarea “Elegie”, compusă de Regele Mihai însuși la Castelul Foișor, în anii 1940. Interpretarea aparține maestrului Dan Grigore, Pianist al Casei Regale.

Familia Regala a Romanieiさんの投稿 2019年8月31日土曜日

 

追記:
 ルーマニア王室のチャンネルに転載された報道映像。

CasaRegalaaRomaniei(ルーマニア王室公式チャンネル):
Reînhumarea Reginei-Mamă Elena – YouTube

 

ウガンダ伝統的君主:衝突事件にかかわったとして殺人罪に問われ軟禁中のルウェンズルル王を廃位して、その母親を即位させようという動きがあった模様(2018年9月)

 (英語)The youngest and little-known Ugandan kingdom whose king is under house arrest – Face2Face Africa

 

 記事の内容は、ウガンダ共和国のルウェンズルル王チャールズ・ウェズリー・ムンベレ陛下【イレマ=ンゴマ1世】(His Royal Majesty Charles Wesley Mumbere, Irema-Ngoma I, King【Omusinga】 of Rwenzururu)が、衝突事件にかかわったとして殺人罪に問われ軟禁中である経緯などを述べたものですが、その中に母親で、先代の故イサイア・ムキラニア陛下【キバンザンガ1世】(Isaiah Mukirania【Isaya Mukirania】【Isaya Mukirane】Kibanzanga I)の妻であるクリスティーン・ムキラニア陛下(Christine Mukirania)を王【女王】として立てようとする動きがあったとあります(どうも現実的ではなかったようです)。

 なお、記事中、この方に対して「Queen mother(クイーン・マザー)」という用語を前置していますが、この言葉はアフリカでは必ずしも君主の母親などを意味せず、場合によっては特に血縁家系も近くないひらたくいえば“ババ様”のような特殊な女性権威の称号(の英語表記)であることがあります。
 また、そのような場合でも、王の母親など近親が就くことがままあります(ややこしい)。

 今回の記事からは、そのような権威臭がまったく漂ってこないので、おそらく「王の母」以上の意味はないと思われます。

 

ルーマニア王女マリア殿下が、クルテア・デ・アルジェシュを訪問(2018年9月)

 2018年9月7日、ルーマニア王女マリア殿下(Her Royal Highness Princess Maria【Marie】 of Romania)は、同国のクルテア・デ・アルジェシュを訪問しました。

 コンスタンティン・パンツレスク市長(Constantin Panţurescu)との会見のほか、クルテア・デ・アルジェシュ大聖堂では父である旧ルーマニア王ミハイ1世陛下と母の旧ルーマニア王妃アナ陛下(ブルボン=パルマ家出身)の陵墓に献花したようです。

 

 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式ニュース配信サイト)Principesa Maria, vizită la Curtea de Argeș și Topoloveni | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 

Familia Regalăさんのツイート: "Principesa Maria, vizită la Curtea de Argeș și Topoloveni https://t.co/xd4Me7v1B7… "

 

Familia Regala a Romanieiさんがリンクをシェアしました。 – Familia Regala a Romaniei | Facebook

Familia Regala a Romanieiさんの投稿 2018年9月7日金曜日

 

 最近、ルーマニア王室関連のニュースが入ってきませんが(王室からの配信も Ora Regelui の案内くらい)、ミハイ1世陛下崩御の影響が出てきているのか、ルーマニア政治情勢など他に理由があるのか、多少気に留めています。

 

タイ王国のソムサワリー王女殿下が脳への血液供給不足(?)により公務を全面取りやめの模様(2018年8月)ラーマ10世陛下の元妻。「王女」ではなく「妃」のような気もしますが外務省表記に従っておきます

 タイ王室のソムサワリー王女殿下(Her Royal Highness Princess Soamsawali)が、脳への血液供給不足(?)により公務を全面的に取りやめて、入院を続ける模様です。

 

 (英語)Princess Soamsawali in Chulalongkorn Hospital for medical treatment |
 (英語)Princess Soamsawali of Thailand admitted to hospital – Royal Central

 

※正直、どういう問題かいまいち理解していませんが。

 もともと別の問題と思われていたものが、新たに別の症状が出たため、検査をおこなったところ発覚したようです。

 

 ラーマ10世陛下の皇太子時代の元妻で、称号については結婚と同時に与えられているため、「王女」ではなく「妃」ではないかとも思いますが、とりあえず外務省表記に従っておきます。

タイ基礎データ | 外務省

2009年1月 ソムサワリー王女殿下

※タイ王室の称号は複雑怪奇なので、あまり考えたくありません。

 

 陛下の従妹で、シリキット皇太后陛下の姪にあたります。

 

タイ王室のシリキット皇太后陛下がインフルエンザで入院中とのこと(2018年8月)

 タイ王国のシリキット皇太后陛下(Sirikit : Her Majesty The Queen Mother)が、インフルエンザで入院していると、2018年8月20日に発表されたようです。

 

 (英語)Thailand's Queen Mother admitted to hospital – Channel NewsAsia