訃報(2020年11月2日):ハプスブルク=ロートリンゲン家のハンガリー王女シャロルタ殿下が薨去(1940~2020)故・テシェン公アルプレヒト・フランツ大公殿下の長女

 2020年11月2日、オーストリア大公女シャロルタ殿下(オーストリア皇女 : ハンガリー王女 : ベーメン王女 : Her Imperial and Royal Highness Archduchess Sárolta of Austria, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia)が薨去しました。
 1940年3月3日生まれの80歳。

 

 (英語)Eurohistory: The Passing of Archduchess Sárolta of Austria (1940-2020), Daughter of the Last Duke of Teschen
 (フランス語)Hommages – Pour que son souvenir demeure: Sárolta v.H.-L. WUTHOLEN

 

 父はハプスブルク家のテシェン公アルプレヒト・フランツ大公殿下で、両親の結婚は貴賤結婚のため、シャロルタ殿下と妹のイルディコ殿下は当時の当主オットー殿下よりハプスブルク伯女の称号を受けています。
 また、国王のいないハンガリー王国の摂政だったホルティ・ミクローシュより、アルプレヒト・フランツ大公殿下はハンガリー王子として認められており、その娘として姉妹もハンガリー王女ということになります(これはオットー殿下の認めたものではありません)。
 加えて、21世紀に入ってハプスブルク=ロートリンゲン家の当主によって結婚に関する制限が大幅に緩められ、過去の貴賤結婚についてもあらためて承認されている状況であり(故オットー殿下が決めたのか現当主のカール大公殿下が決めたのかはっきりしないという状況ですが)、シャロルタ殿下の両親の結婚もこれに該当するとみられています。

 家族によると、当人はこれらの称号について特に使用したことはないようです。
 これは良くある、当人が興味を持っていない事例にも思えますが、一方でご本人は歴史やハプスブルクに興味のある様々な人々と会見していたようです。
 ホルティ摂政の承認した称号を使用するのはホルティ時代の政治を支持していると取られる可能性もありますし、また(結婚制限が緩められる前の状態では)当主のオットー大公殿下の権限に挑戦しているとも取れます(オットー殿下にはハプスブルク伯女の称号しか認められていない)ので、慎重に行動していたということかもしれません。

 

マルタ騎士団の副長(総長代行)にマルコ・ルッツァーゴ閣下が選出される(2020年11月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2020年11月7日~11月8日にかけて、マルタ騎士団は、「終身の総長」または「任期一年の副長(総長代行)」を選出する会合をマルタ騎士団本部邸にて開きました。
 これは今年【2020年】の第80代総長の薨去に伴い、おこなわれたものです。
関連:
 訃報(2020年4月29日):第80代マルタ騎士団総長ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下が薨去(1944~2020)

 会合の結果、“フラー”・マルコ・ルッツァーゴ閣下(Fra’ Marco Luzzago)が副長として選出され、今後一年間マルタ騎士団を率います。

 今回の選出は新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のパンデミックの中、感染症対策を考慮しておこなわれ、参加者はイタリアの他、アルゼンチン、ペルー、アメリカ合衆国、レバノン、フランス、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン、ポーランド、ハンガリー、チェコ、スイス、マルタから集まったということです(出入国できたことに驚きですが……)。

 マルコ・ルッツァーゴ閣下は、ローマ教皇フランシスコ聖下よりマルタ騎士団の監視役として特別代理に叙任されている国際連合ジュネーブ事務局駐箚 ローマ教皇聖座 名誉代表シルヴァーノ・マリア・トマージ大司教座下(アケルム名義大司教 : Archbishop Silvano Maria Tomasi, C.S., Permanent Observer Emeritus to United Nations Office and Specialized Agencies in Geneva, Titular Archbishop of Acelum)の前で就任宣誓をおこないました。
 同大司教は枢機卿叙任が決定しており、また、先代の特別代理であったベーチュ枢機卿座下の“スキャンダル”の結果の特別代理への起用です。
関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表(2020年10月)
 国際刑事警察機構【ICPO】が、“辞任”したベーチュ枢機卿座下に6000万円以上の金を送らせた女を逮捕(2020年10月)2000万円以上がシャネルなどに使われたとのこと

 終身の総長ではなく任期一年の副長が選出されましたが、これがまだ騎士団内部の関係修復の途上なのか、人物の様子見を含めてまずは副長ということなのか、あるいはマルタ騎士団の憲法が変わる最終段階のためにトップの任期が短いことが望まれたのか、判断が難しいところです。
 主権実体のマルタ騎士団の元首として、外交関係が樹立されている各国で副長は国家元首と同様に待遇されますが、 COVID-19 の影響もあり、各国訪問は制限されることになるでしょう。

 

 (英語:マルタ騎士団 公式サイト)Fra’ Marco Luzzago elected Lieutenant of Grand Master of Sovereign Order of Malta – Order of Malta
 (英語:バチカン・ニュース)Order of Malta elects Lieutenant of the Grand Master – Vatican News

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団 公式チャンネル):
Order of Malta, Fra' Marco Luzzago elected Lieutenant of the Gran Master – YouTube

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団 公式チャンネル):
Ordine di Malta, Fra' Marco Luzzago eletto Luogotenente di Gran Maestro – YouTube

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団 公式チャンネル):
Fra’ Marco Luzzago elected Lieutenant of Grand Master of Sovereign Order of Malta – YouTube

 

 (英語)Order of Malta elects Lieutenant and postpones election for Grand Master | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Order of Malta elects Lieutenant and postpones election for Grand Master – YouTube

 

Order of MaltaさんはTwitterを使っています 「Fra’ Marco Luzzago is the new Lieutenant of the Grand Master of the Sovereign #OrderofMalta. He is Italian, aged 70, Professed of solemn vows since 2003 https://t.co/xfBr2K3GiC」 / Twitter

 

Order of MaltaさんはTwitterを使っています 「The new Lieutenant of the Grand Master of the Sovereign #OrderofMalta, Fra’ Marco Luzzago has been sworn in. The Pope’s Special Delegate, Cardinal-elect Silvano Tomasi, and the Council Complete of State were present. He is will remain in office for a year. https://t.co/FTydtYC75Q」 / Twitter

 

Order of Malta – Fra’ Marco Luzzago is the new Lieutenant… | Facebook

 

Order of Malta – The new Lieutenant of the Grand Master of… | Facebook

 

Order of Malta(@orderofmalta_official) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Fra’ Marco Luzzago elected Lieutenant of Grand Master of Sovereign #OrderofMalta. Fra' Marco Luzzago has been elected with a large majority Lieutenant of the Grand Master of the Sovereign Order of Malta. The Council Complete of State, the electoral body, met on 7 and 8 November in the Magistral Villa in Rome, one of the Order of Malta’s two institutional seats. All phases of the election were caried out in full compliance with anti-Covid measures. There were 44 participants at the Council Complete of State out of the 56 entitled to vote. They came to Rome from Argentina, Peru, the United States, Lebanon, France, Sweden, Austria, Germany, Holland, Spain, Poland, Hungary, Czech Republic, Switzerland, Malta and Italy. #ordinedimalta #ordendemalta #ordredemalte #malteserorden

A post shared by Order of Malta (@orderofmalta_official) on

 

Order of Malta(@orderofmalta_official) • Instagram写真と動画

 

ハプスブルク家のエドゥアルト大公殿下(ローマ教皇聖座駐箚ハンガリー大使)が、オーストリア皇帝福者カール1世と皇妃ツィタの結婚式当日の短い映像をTwitterに投稿(2020年10月)

 ローマ教皇聖座駐箚/マルタ騎士団駐箚のハンガリー特命全権大使、オーストリア大公エドゥアルト殿下(オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Eduard of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : エドゥアルト・フォン・ハプスブルクEduard von Habsburgエドゥアルト・ハプスブルク=ロートリンゲンEduard Habsburg-Lothringen)が、自身のツイッターアカウントに、オーストリア皇帝福者カール1世と皇妃ツィタの結婚式当日の短い映像をアップロードしています。

 

Eduard HabsburgさんはTwitterを使っています 「21st of October, the wedding day of Blessed Emperor Karl and Zita: here's a super rare little video clip of a private moment on a balcony the evening before their wedding! https://t.co/KMAU11Ydiz」 / Twitter

 

訃報(2020年9月29日):元ホーエンベルク公子妃クリスティーネ、薨去(1945~2020)

 2020年9月29日、クリスティーネ・ホーエンベルクChristine Hohenberg)の死亡告知が掲載されています。

 

 (ドイツ語)Trauer: Mag. Christine Hohenberg | SN.at

 

 おそらく、1970年に故ホーエンベルク公子ペーター閣下と結婚し、二女を儲けた後に1980年に離婚した人物かと思われます(離婚後も姓を使用)。
 1945年4月27日生まれの75歳。

 ペーター閣下は、オーストリア皇帝位などを継承するはずだったハプスブルク家のフランツ・フェルディナント大公殿下の貴賤結婚の孫です。

 

関連:
 訃報(2017年12月6日):ホーエンベルク公子ペーター閣下、薨去(1936~2017)

 

結婚(2020年9月26日):ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー伯女ヴィットーリア殿下とフェルディナント・ロヴレク氏

 2020年9月26日、ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー伯女ヴィットーリア殿下(Her Illustrious Highness Countess Vittoria of Waldburg-Wolfegg and Waldsee : ヴィットーリア・グレフィン・フォン・ヴァルトブルク・ツー・ヴォルフェック・ウント・ヴァルトゼーVittoria Gräfin von Waldburg zu Wolfegg und Waldsee)とフェルディナント・ロヴレク氏(Ferdinand Lovrek)が結婚したようです。

 ヴィットーリア殿下はドイツおよびオーストリアの名門で歴史上に数々の分枝を持つヴァルトブルク家の一員でヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー公ヨハネス殿下の娘、ロヴレク氏の母親はアウエルスペルク=トラウトソン公女マリア・ベアトリーツェ殿下。
 ヴァルトブルク、アウエルスペルクともに神聖ローマ帝国領邦国家の君主で、後に併合された最上級の家柄です。

 

 (ドイツ語)PressReader.com 世界の新聞 | Hochzeit im Fürstenhaus Waldburg-Wolfegg

 (ドイツ語)Vittoria von Waldburg zu Wolfegg & Waldsee und Ferdinand Lovrek: Traumkleid, Kutsche & Schloss: Diese Hochzeit verspricht viel | BUNTE.de

 

 ヴァルトブルク家関係者、アウエルスペルク=トラウトソン家関係者に加えて、(旧)ヴュルテンベルク王室、(旧)バーデン大公室の方々が参列したようです。

※後で追記するかもしれません。

参列者(一部)/

新郎の両親:
 パウル・ロヴレク氏とマリア・ベアトリーツェ・ロヴレク夫人(アウエルスペルク=トラウトソン公女マリア・ベアトリーツェ殿下)

ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー家:
 ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー公ヨハネス殿下
 ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー公妃ヴィヴィアン殿下

ヴァルトブルク=ツァイル=ホーエネムス系統:
 ヴァルトブルク=ツァイル=ホーエネムス伯子フランツ・クレメンス殿下と伯子妃シュテファニー殿下

アウエルスペルク=トラウトソン家:
 アウエルスペルク=トラウトソン公フランツ・ヨーゼフ殿下

(旧)ヴュルテンベルク王室:
 ヴュルテンベルク公子ミハエル殿下

(旧)バーデン大公室:
 バーデン大公世子ベルンハルト殿下と大公世子妃シュテファニー殿下