トンガ王トゥポウ6世陛下夫妻が、同国を訪問している英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】夫妻と会見(2018年10月)

 トンガ王トゥポウ6世陛下(KIng Tupou VI : His Majesty The King of Tonga)及びトンガ王妃ナナシパウウ・トゥクアホ陛下(Queen Nanasipauʻu Tukuʻaho : Her Majesty The Queen of Tonga)は、トンガ王国を訪問している英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)及びサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)と会見しました。

 

The Royal Family Channel:
Tonga's King Tupou VI bids farewell to Prince Harry and Meghan – YouTube

 

フランス領ウォリス・フツナ:三人の王の一人、アロ王フィリポ・カトア陛下が退位の意向(2018年10月)健康問題

 報道によりますと、南太平洋にあるフランス領ウォリス・フツナの三王の一人アロ王フィリポ・カトア陛下(His Majesty Tu’iagaifo Filipo Katoa)が健康問題を理由に退位の意向を示したそうです。
 慰留がなされたようですが、退位は決まった模様。
 次の王の選出がおこなわれるはずですが、決まらない場合、空位もありえます。
※すでに退位が有効である場合、現在空位です。

 

 (英語)King abdicates in French Pacific Futuna | RNZ News

 

 フィリポ・カトア陛下は2016年に即位していました。

 

サモア四大首長:裁判所の延期命令を無視して新たな“マリエトア”の即位式を強行した当人と20人以上の首長が警察に告発される(2018年9月)

 2018年8月に、裁判所の延期命令を無視してサモア四大首長(タマ・ア・アイガ)のひとつ「マリエトア(Malietoa)」即位式を強行したパパリイ・ファアマウシリ・モリPapali’i Fa’amausili Molīパパリッイ・ファッアマウシリ・モリー : 故・サモア国家元首マリエトア・タヌマフィリ2世殿下の子息)とそれを支持する20人以上の首長らが、法廷侮辱罪で警察に告発されたようです(予定通りに)。

 

 (英語)Samoa chiefs and orators charged over bestowal of paramount title | RNZ News

 

 事情聴取が10月9日から始まる予定。

 一方、パパリイ・ファアマウシリ・モリのマリエトア選出そのものへの異論の裁判(?)が10月2日に始まるようです。

 日程にもよりますが、仮に後者の裁判でマリエトアと認められても、前者の件で有罪になったらまたやり直し(罪人にマリエトアの資格なしとの訴えが出て)ではないのかという気もします。

 

 ところで。
 即位式への臨席が報じられていた、同じく四大首長のひとつ「トゥイマレアリイファノTuimaleali’ifanoトゥイマレアリッイファノ)」であり現在のサモア国家元首であるトゥイアアナ・トゥイマレアリイファノ・ヴァアレトア・スアラウヴィ2世殿下(His Highness Tuia’ana Tuimaleali’ifano Va’aletoa Sualauvi II, O le Ao o le Mālō : トゥイアッアナ・トゥイマレアリッイファノ・ヴァッアレトア・スアラウヴィ2世)夫妻は、お咎めなし??

 「見に来ただけ」だから問題ないということなんでしょうか。

※この方の名前が覚えられません。

 

追記:
 記事へのリンクを追加しておきます。

 (英語)Malietoa Moli charged with contempt of Court | Samoa Observer

Samoa Observerさんのツイート: "Malietoa Fa’amausili Moli has been charged with contempt of Court. https://t.co/Xm86HqmMVr"

 

ハワイ王女アビゲイル・キノイキ・ケカウリケ・カワナナコア殿下の資産管理について、判事はファースト・ハワイアン・バンクを管理者にあてることを決定(2018年9月)

 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルの裁判所は、ハワイ王女アビゲイル・キノイキ・ケカウリケ・カワナナコア殿下(Her Royal Highness Princess Abigail Kinoiki Kekaulike Kawānanakoa of Hawaii)の資産管理について、ファースト・ハワイアン・バンクを管理者にあてることを決定したようです。

 

 (英語)Hawaiian princess Abigail Kawānanakoa loses control of $215M trust
 (英語)Judge rules Hawaiian princess unfit to manage $215m trust | US news | The Guardian
 (英語)Judge Tells Hawaiian Princess Abigail Kawananakoa That She's Mentally Incapable of Managing Her $215M Trust

 

 同殿下は、ハワイ王位継承者を考える場合に名前が挙がる一人でもあります。

 今回の騒動は、昨年(あるいは少し前から)殿下の資産管理人と殿下の間に意見の相違などが持ち上がり、資産管理人が裁判所に本人は意思決定が不可能な精神状況にあると申し立て、一方殿下は資産管理人の解任をおこないます。
 これと前後して、殿下は、20年来のパートナーとされるヴェロニカ・ゲイル・ワースVeronica Gail Worth)と同性婚をおこないました(これに伴い、ヴェロニカの姓がカワナナコアとなっているかもしれませんが……)。
 殿下がヴェロニカを資産管理に関わる一人に任命しようとする一方、資産管理人や殿下のケア(?)などをおこなっていた人物がヴェロニカが殿下に暴力をふるっているのを見たと主張するなど、どこかで聞いたことのあるような展開になり、そして判決が出たわけです。
 資産管理人をその地位からはずす一方、殿下側の主張は認めずファースト・ハワイアン・バンクを管理者にあてるということになりました。
 当面のところ、殿下の資産によって運営されている団体は、そのままの方針で活動を続けるものとみられています。

 今回の騒動はこの先があるのかどうかわかりませんが(控訴?の類)、それはそれとして、殿下の遺言書でヴェロニカが相続人に指名されている可能性は高く(指名してなくても結婚相手になってますし)、その場合、またひと悶着あるでしょう。

 

フランス領ウォリス・フツナの三王国が、フランス領ポリネシア側が求めていたレアアースなどの海底資源探索・採掘を拒否(2018年9月)

 フランス領ウォリス・フツナの三王国が、フランス領ポリネシア側が求めていたレアアースなどの海底資源探索・採掘を拒否したようです。

 

Les Rois de Futuna disent non à toute mission et explorations des ressources sous-marines – YouTube

 

 (英語)Futuna rejects seabed exploration and mining | RNZ News
 (英語)Futuna rejects seabed exploration and mining

 

※彼らの拒否で決まるものなのかいまいちわかりませんが。

 記事によると、フランス領ポリネシアが各地でおこなった採掘の“ネガティブ・インパクト”をウォリス・フツナで繰り返させたりしないということです。

 記事には名前がありませんが、「The king of Sigave」(シガベ王)は、エウフェニオ・タカラEufenio Takala)という人物だと思われます(現地発音はまったくわかりません)。