動画(フランス語・オランダ語・ドイツ語):ベルギー王フィリップ陛下の国祭日(2020年7月21日)向けスピーチ。内容は新型コロナウイルス感染症【COVID-19】関連一色

 ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)の、今年の国祭日向けのスピーチ映像です。

 内容は、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】に関するもの一色。
(同王国は、人口1160万人弱ですが、死者数はすでに9800人と1万人に近くなっています)
 感染症対策のため身近な人の最期に付き添えなかった方々へのメッセージから、失業・収入減少・倒産・夢の断念など数々のマイナスの影響、社会の弱点があぶりだされたこと、基本的な価値観の再確認や、この危機の克服の呼びかけなどです。

 

フランス語版/
The Belgian Monarchy(ベルギー王室公式チャンネル):
Discours à l’occasion de la Fête Nationale, le 21 juillet 2020 – YouTube

 (フランス語版:ベルギー王室公式サイト)Discours de Sa Majesté le Roi à l’occasion de la Fête Nationale | La Monarchie belge

 

オランダ語版/
The Belgian Monarchy(ベルギー王室公式チャンネル):
Toespraak ter gelegenheid van de Nationale Feestdag, 21 juli 2020 – YouTube

 (オランダ語版:ベルギー王室公式サイト)Toespraak van Zijne Majesteit de Koning ter gelegenheid van de Nationale Feestdag | De Belgische Monarchie

 

ドイツ語版/
The Belgian Monarchy(ベルギー王室公式チャンネル):
Ansprache anlässlich des Nationalfeiertages am 21. Juli 2020 – YouTube

 (ドイツ語版:ベルギー王室公式サイト)Ansprache Seiner Majestät des Königs zum Nationalfeiertag | Die Monarchie Belgien

 

英国女王エリザベス2世陛下が、キャプテン・トム【“サー”・トーマス・モア大尉(トム・ムーア大尉)】を騎士に叙任(2020年7月)ベアトリス王女殿下夫妻は結婚式よりもキャプテン・トムの報道を優先させる配慮

 2020年7月17日、キャプテン・トムCaptain Tom)こと、“サー”・トーマス・モア大尉(Captain Sir Thomas Moore)が、英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)より騎士(ナイト : Knight)に叙任されました。

 キャプテン・トムは第二次世界大戦に従軍した退役軍人で、今年、新型コロナウイルス感染症対策における医療従事者のための募金活動で有名となり、士官学校(?)から上級の軍人の名誉階級を授与されたり、マイケル・ボールとデュエットしたユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(You’ll Never Walk Alone)が全英シングルチャート1位を獲得したり、といわゆる一躍時の人になった状態になっています。
 また、英国王室のベアトリス王女殿下(ヨーク公爵家)とエドアルド・マペッリ・モッツィ氏が騎士叙任同日に結婚式を挙式していますが、殿下らはキャプテン・トムの報道を優先させたいとして式の写真などの報道関係者への配布を翌日以降にする意向を示したそうです(いまいち守られていないような気もしますが)。

 

The Royal Family Channel:
Captain Tom Moore knighted by The Queen During Outdoor Ceremony at Windsor Castle – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
エリザベス女王 コロナ感染拡大後、初の対面公務(20/07/18) – YouTube

 

 英「自宅の庭を100周」40億円超募金集めた100歳男性に爵位授与 | NHKニュース

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「Arise, Captain Sir Thomas Moore! Today The Queen conferred the Honour of Knighthood on @captaintommoore at an Investiture at #WindsorCastle. https://t.co/hukR1jAc8Y」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「Captain Sir Tom Moore stands proudly with his family in the Quadrangle of Windsor Castle, following his Investiture ceremony. Congratulations @captaintommoore 👏🎖 https://t.co/EJDkuuXlnJ」 / Twitter

 

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています 「In April, #WW2 veteran, Captain Sir Tom Moore embarked on 100 laps of his garden with the aim to raise £1,000 for @NHSCharities. @captaintommoore has now raised over £32 million for the #NHS, and inspired so many people along the way. https://t.co/wVIIsR6k8B」 / Twitter

 

Today The Queen conferred the Honour of… – The Royal Family | Facebook

Today The Queen conferred the Honour of Knighthood on Captain Tom Moore at an Investiture at Windsor Castle.‪In April,…

The Royal Familyさんの投稿 2020年7月17日金曜日

 

The Royal Family(@theroyalfamily) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Arise, Captain Sir Thomas Moore!‬ ‪Today The Queen conferred the Honour of Knighthood on Captain Tom Moore at an Investiture at Windsor Castle. ‪In April, #WW2 veteran, Captain Sir Tom Moore embarked on 100 laps of his garden with the aim to raise £1,000 for @NHSCharities and has now raised over £32 million for the #NHS, and inspired so many people along the way. ‬ ‪Today Captain Sir Tom Moore’s incredible fundraising achievements are recognised with a Knighthood.‬ The Queen awarded Captain Sir Tom Moore with his insignia of Knight Bachelor, after knighting him with the sword that belonged to her father, King George VI. ‪Swipe ⬅️ 📷 Captain Sir Tom Moore standing proudly with his family in the Quadrangle of Windsor Castle, following his Investiture ceremony.‬ ‪Congratulations Captain Sir Tom Moore 👏🎖

A post shared by The Royal Family (@theroyalfamily) on

 

結婚式(2020年7月17日):英国王室のベアトリス王女殿下(ヨーク公爵家)とエドアルド・マペッリ・モッツィ氏が結婚

 2020年7月17日、英国王室のヨーク公爵家ベアトリス王女殿下(Her Royal Highness Princess Beatrice of York)と、エドアルド・マペッリ・モッツィ氏(Edoardo Mapelli Mozzi)の結婚式がおこなわれた模様です。

 挙式は当初、今年【2020年】5月に予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症の流行のため、延期されていました。

 式には英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)およびエディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)ら近親が参列したとのことです。

 結婚に伴い、王室からの発表などにおけるベアトリス王女殿下の表記が変更されるものと思われます。

※後で何か追記するかもしれません。

 

The Royal Family Channel:
Princess Eugenie Marries Edoardo Mapelli Mozzi in Private Ceremony at Windsor – YouTube

 

The Royal Family Channel:
Newly Married Princess Beatrice and Edoardo Mapelli Mozzi Share New Pictures From Wedding Day – YouTube

 

The Royal Family Channel:
New Photographs From Princess Beatrice's Wedding Released By Buckingham Palace – YouTube

 

Rebecca EnglishさんはTwitterを使っています 「Breaking: Princess Beatrice got secretly married at Windsor this morning after having to postpone her May wedding to fiancé Edo 👰 🎩 💒 https://t.co/TZuQyeIpDE」 / Twitter

 

 (英語)Princess Beatrice marries Italian property developer Edoardo Mapelli Mozzi | Daily Mail Online

 

70歳(2020年1月28日):バーレーン王ハマド陛下が70歳を迎える

 2020年1月28日、バーレーン王ハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ陛下(His Majesty Hamad bin Isa Al Khalifa, King of Bahrain)は、70歳を迎えました。

 バーレーン通信(Bahrain News Agency)は、英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)およびロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)から祝電があったことを伝えています。
 この二者(二国)以外からも祝福はあったと思うので、バーレーンにとって英国とロシアが重要であることを示していると思います。
 一方、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)からの祝電は報じられておらず、これは送られてこなかったということなのでしょう。

 

 (英語)HM the King congratulated by Queen Elizabeth II
 (英語)HM King congratulated by Russian President

 

Bahrain TV News Center مركز الأخبار:
البحرين مركز الأخبار : جلالة الملك المفدى يتلقى برقية تهنئة من ملكة المملكة المتحدة 29-01-2020 – YouTube

 

前ベルギー王アルベール2世陛下の娘であることが確定したデルフィーヌ・ボエルが姓を変える(デルフィン・ファン・サクセン=コブルフ or デルフィーヌ・ド・サクス=コブール)つもりだとフランデレン地域のメディアが報道している模様(2020年1月)

 ウェブ上でニュースソースは見つからなかったのですが、前ベルギー王アルベール2世陛下(His Majesty King Albert II of Belgium)の娘であることが確定したデルフィーヌ・ボエルDelphine Boël)が姓を変えるつもりであるとフランデレン地域のメディアが報道しているという話が出ています。

関連:
 前ベルギー王アルベール2世陛下が弁護士を通じて、 DNA 検査の結果はデルフィーヌ・ボエルの生物学上の父がアルベール2世であることを示していることを発表(2020年1月)

 ウェブ上で見つけられないうえに、「親しい友人の話」だそうなので、信用度には疑問符が付きますが、彼女はオランダ語ではデルフィン・ファン・サクセン=コブルフDelphine Van Saksen-Coburg)、フランス語ではデルフィーヌ・ド・サクス=コブールDelphine De Saxe-Cobourg)を選ぶとされています。
 ドイツ語ではデルフィーネ・フォン・ザクセン=コーブルクDelphine Von Sachsen-Coburg)となるでしょうか。

※なお、彼女は、ベルギー王室構成員が使用するベルギーを意味する姓、「ド・ベルジック」「ファン・ベルヒエ」「フォン・ベルギエン」も選択可能です。いずれにせよ、ベルギー王フィリップ陛下の許諾が必要とも報道されていますが、詳細な法的手続きなどはよくわかりません。

 

 真偽もまだ不明ですが、加えて言いますと、今のところ彼女は法律上の父親である“ヨンクヒール”・ジャック・ボエルと法律上の縁が切れたわけではなく(と言いますか、切れたとする報道がありません)、従って法律上はベルギー貴族の“ヨンクフラウ”であることになる、と思います
 姓を変えるだけでは法律上の父親と完全に縁を切ることになるわけではないと思うので、ザクセン=コーブルク系統の姓になっても、ベルギー貴族の“ヨンクフラウ”であり続けるのではないかと思いますが……。