訃報(2020年8月2日):エスワティニ王国【スワジランド王国】のツェケディ王子殿下が薨去(?~2020)

 2020年8月2日、エスワティニ王国【スワジランド王国】のツェケディ王子殿下(His Royal Highness Prince Tshekedi)が薨去したと発表されました。
 誕生年不明。

 新型コロナウイルス感染症【COVID-19】によるものだと示唆されています。

 

 (英語)Swazi Observer | ‘PRINCE TSHEKEDI WILL BE REMEMBERED‘

 

訃報(2020年5月14日):エスワティニ王国【スワジランド王国】のフィンダ王子殿下が薨去(1947~2020)

 2020年5月14日、エスワティニ王国【スワジランド王国】のフィンダ王子殿下(His Royal Highness Prince Phinda)が薨去したと発表されました。
 1947年生まれ。

 

 (英語)Swazi Observer | THEIR MAJESTIES INFORMED OF PRINCE PHINDA’S PASSING ON
 (英語)Swazi Observer | TRIBUTE TO THE INCOMPARABLE PRINCE

 

訃報(2019年3月8日):エスワティニ王【スワジランド王】ムスワティ3世陛下の12人目の妻インコシカティ・ラドゥベ【ノサンド・ドゥベ】が崩御(1988~2019)31歳

 2019年3月8日、エスワティニ王【スワジランド王】ムスワティ3世陛下の12人目の妻“インコシカティ”・ラドゥベInkhosikati LaDubeノサンド・ドゥベNothando Dube)が南アフリカ共和国の病院で崩御したようです。
 1988年生まれの31歳。
 死因は皮膚癌に関連するものと報じられています。

 2005年結婚。
 2005年~2009年に王との間に、
 マコソサンド・ドラミニ王女(Princess Makhosothando Dlamini)、
 ベティヴェ・ドラミニ王子殿下(Prince Betive Dlamini)、
 マーレマランゲニ・ドラミニ王女殿下(Princess Mahlemalangeni Dlamini)、
 の三子ありとのことです。
 2010年に王の幼馴染でもある大臣との不倫現場を直撃された疑惑。
 2011年に王宮から追放されたという疑惑があります。こちらについてははっきりしません。あっさり自由にしてくれるところではない気もします。治療の可能性もあるかもしれませんが……8年前だとないかもしれません。

 

 (英語)King Mswati's 12th wife passes away | Mpumalanga News

Mpumalanga Newsさんのツイート: "King Mswati's 12th wife passes away | Mpumalanga News https://t.co/Fw4fEQw8uw"

 

 (英語)Eswatini mourns the death of King Mswati III’s 12th wife – African Daily Voice
 (英語)Times Of Swaziland | INKHOSIKATI LADUBE PASSES ON
 (英語)Swaziland King's Wife Ladube (31) Dies, After Unhappy Life At Royal Palace – allAfrica.com

 

関連:
 訃報(2018年4月6日?):スワジランド王の8人目の妻インコシカティ・ラマサンゴ【センテニ・マサンゴ】が自殺か。アミトリプチリンの大量摂取(40カプセル?)。近年の不遇や、一週前に姉の葬列に参列を許されなかったなどの情報(1981~2018)