訃報(2018年4月6日?):スワジランド王の8人目の妻インコシカティ・ラマサンゴ【センテニ・マサンゴ】が自殺か。アミトリプチリンの大量摂取(40カプセル?)。近年の不遇や、一週前に姉の葬列に参列を許されなかったなどの情報(2018年4月)

 2018年4月6日、スワジランド王ムスワティ3世陛下の8人目の妻“インコシカティ”・ラマサンゴInkhosikati LaMasangoセンテニ・マサンゴSenteni Masango)が死亡しているのが発見されたようです。
 抗うつ剤などに用いられるアミトリプチリンの大量摂取(40カプセル?)が原因とみられています。
 1981年頃に生まれたとの情報がありますが、こちらでは確定できていません。
 1999年にスワジランド王ムスワティ3世陛下の8人目の妻に。二人の間には二王女。

 近年の王室内での不遇や、今月【4月】1日の姉ノンブソ・マサンゴNombuso Masango)の葬儀への参列が許されなかったなど、下記記事中には自殺の原因ではないかと思われる情報があります。

 

記事:
 (英語)UPDATE: Royal family announces funeral for King Mswati's queen | Mpumalanga News
 (英語)King Mswati’s 8th wife commits suicide following ‘abuse’ | The Citizen
 (英語)Swazi royal family announces funeral for King Mswati’s queen | The Citizen
 (英語)Swaziland King Mswati's Eighth Wife, Senteni Masango Commits Suicide | Mwakilishi.com
 (英語)Swazi king’s wife took overdose | News24
 (英語)King Mswati’s eighth wife, Senteni Masango, laid to rest today – Face2Face Africa