バーレーン王ハマド陛下がセルビア大統領ブチッチ閣下から電話を受ける(2020年11月)大統領は薨去したバーレーン首相ハリーファ王子殿下への弔意を、ハマド陛下は薨去したキリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下への弔意を伝える

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 こういった電話での儀礼的な挨拶は、ものすごく頻繁にあるものですが、やり取りが珍しく感じたので書いておきます。

 2020年11月24日、バーレーン王ハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ陛下(His Majesty Hamad bin Isa Al Khalifa, King of Bahrain)は、セルビア共和国大統領アレクサンダル・ブチッチ閣下(ヴチッチ大統領 : His Excellency Mr Aleksandar Vučić)より電話を受けました。

 ブチッチ大統領は11月11日に薨去した、バーレーン首相を長期にわたって務めた国王の叔父のハリーファ・ビン・サルマーン・アル・ハリーファ王子殿下(His Royal Highness Prime Minister Prince Khalifa bin Salman Al Khalifa)への弔意を伝えました。
 ハマド国王は、謝意を表明し、また永眠したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)への弔意を伝えました。

 

 (英語)HM King receives call from Serbian President

Bahrain TV News Center تلفزيون البحرين مركز الأخبار:
البحرين مركز الأخبار : جلالة الملك المفدى يتلقى إتصالاً هاتفياً من فخامة رئيس صربيا 24-11-2020 – YouTube

 

追記:
 なお、セルビア大統領側では、このような弔意のやり取りには触れておらず、二国間関係の強化の話題となっています。

 (英語:セルビア大統領府 公式サイト)Telephone conversation with His Majesty the King of Bahrain | The President of the Republic of Serbia

 

関連:
 訃報(2020年11月11日):バーレーン首相ハリーファ王子殿下が薨去(1935~2020)1970年より首相

関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 訃報(2020年11月20日):キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下が永眠(1930~2020)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

 

ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下が、永眠したキリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下への弔意を表明(2020年11月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下(ムフラニ公 : His Royal Highness The Crown Prince Davit of Georgia, Royal Prince of Kartli (Batonishvili), Prince of Mukhrani and Mukhran Batoni : ダヴィト・バグラチオニ=ムフラネリ公子 : Prince Davit Bagrationi-Mukhraneliダヴィト・バグラチオン=ムフランスキー公子 : Prince Davit Bagration-Moukhransky)が、永眠したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)への弔意を表明しました。

 

 (英語:ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】公式サイト)NEWS | Serbian Patriarch

 

関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 訃報(2020年11月20日):キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下が永眠(1930~2020)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

関連:
 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、永眠したキリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下への弔意を表明(2020年11月)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

 

現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、永眠したキリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下への弔意を表明(2020年11月)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2020年11月20日、現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)およびユーゴスラビア皇太子妃【セルビア皇太子妃】カタリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)は、永眠したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)への弔意を表明しました。

 

 (英語:セルビア王室 公式サイト)CROWN PRINCE ALEXANDER AND CROWN PRINCESS KATHERINE: “TRAGICALLY WE LOST OUR GREAT SPIRITUAL LEADER” – The Royal Family of Serbia

 

Моја супруга и ја смо, са великом тугом,… – Александар Карађорђевић | Facebook

 

Aleksandar II Karadjordjevic(@royalserbia) • Instagram写真と動画

 

関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 訃報(2020年11月20日):キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下が永眠(1930~2020)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

関連:
 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下を追悼(2020年10月)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

 ムフラニ系ジョージア王室【グルジア王室】当主/ジョージア皇太子ダヴィト殿下が、永眠したキリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下への弔意を表明(2020年11月)

 

現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下が、キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下の着座10周年記念式典に臨席(2020年1月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)の着座10周年記念式典に臨席しました。

 セルビア正教会から、セルビア総主教補佐/レメジヤナ主教ステファン座下(His Grace Bishop Stefan of Remesiana, Vicar Bishop of the Serbian Patriarch)、
 ローマ・カトリック教会から、ベオグラード大司教スタニスラヴ・ホチェヴァル座下(Archbishop Stanislav Hočevar, S.D.B.)、
 らが参列。

 

アレクサンダル殿下は03:53あたりから少し登場/
Телевизија Храм:
Јубилеј Његове Светости Патријарха српског г. Иринеја – YouTube

動画より、向かって左から/
アレクサンダル殿下、イリネイ聖下、スタニスラヴ・ホチェヴァル大司教、イスラム教指導者(?)の方だと思います(割とよくみかけます):
アレクサンダル殿下ら

 

 (英語:セルビア王室 公式ウェブサイト)CROWN PRINCE ALEXANDER ATTENDS PATRIARCH IRINEJ’S TENTH ANNIVERSARY – The Royal Family of Serbia

 (英語:セルビア正教会総主教庁 公式ウェブサイト)Ad multos annos, Holy Hierarch! | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 

Данас сам присуствовао свечаности… – Александар Карађорђевић | Facebook

 

Краљевски комплекс на Дедињу(@royalserbia) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Њ.К.В. Престолонаследник Александар присуствовао је свечаности поводом обележавања 10 година од избора 45. Патријарха Српске Православне Цркве, Његове Светости господина Иринеја. „У име моје породице честитам Вам велики јубилеј – десету годишњицу од како су Вас Божја милост и надахнуће Светог Саве довели на древни и освештани Трон српских патријараха. То је време великих искушења, и кроз то време Ваша Светост је сигурном руком водила брод наше свете православне вере и предводила народ кроз сва искушења и невоље. Надам се и молим Господа да Вас на овом путу сачува и подржи, како би сигурном и благословеном десницом показивали и осветљавали пут ка спасењу пастве која Вам је поверена. Изнад свега, молимо се Господу да Вам подари здравље и одржи духовну снагу“ – поручио је Њ.К.В. Престолонаследник Александар у честитки Његовој Светости Патријарху Иринеју.

A post shared by Краљевски комплекс на Дедињу (@royalserbia) on

 

インタビュー記事(セルビア語ラテン文字):現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下への降誕祭に際してのインタビュー(2020年1月)

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)への降誕祭に際してのインタビュー記事が出ています。

 

 内容ですが、夫妻の慈善活動、伝統や降誕祭への考え方、博物館の収蔵品を巡って関係省庁とのトラブル(初めて知った話ですが……)、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下が王政復古を望む発言をした件、カラジョルジェヴィッチ君主(ユーゴスラビア王アレクサンダル1世ペータル2世)とオブレノヴィッチ君主(セルビア王アレクサンダル1世)らの彫像をベオグラードの街路に設置する計画に関して、セルビア共和国大統領ブチッチ閣下やセルビア共和国首相アナ・ブルナビッチ閣下との関係について、2020年について、などです。

 

 (セルビア語ラテン文字)DOĆI ĆE VREME DA SE U SRBIJI ISPRAVI ISTORIJSKA NEPRAVDA! Aleksandar II Karađorđević o vraćanju KRALJEVINE Srbima

Божићни интервју за Espreso.rs – Александар Карађорђевић | Facebook

 

関連:
 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下と共に降誕祭の朝の礼拝に(2020年1月)