モナコ公アルベール2世殿下がセルビアを公式訪問、セルビア大統領ブチッチ閣下と会見(2020年10月)初日晩餐会にサヴォイア公女マリア・ピア殿下と子息のユーゴスラビア王子二人が臨席したとのことですが……

 2020年10月7日~10月8日にかけて、モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince Albert II, Sovereign Prince of Monaco)は、セルビア共和国を公式訪問しました。
 セルビア共和国大統領アレクサンダル・ブチッチ閣下(ヴチッチ大統領 : His Excellency Mr Aleksandar Vučić)と会見、(おそらく)同共和国最高位の勲章を受けました。
 大統領側は、セルビア大統領府の公式サイトによりますと、セルビアの欧州への統合に関して、モナコ公国のみならずモナコ公の助力を要請した模様。

 モナコ公室の公式サイトによると、初日の晩餐会に、(旧)イタリア王室のサヴォイア公女マリア・ピア殿下および子息のユーゴスラビア王子ミハイロ殿下とセルゲイ殿下が臨席したようです。
 なお、王子二人のうちセルゲイ殿下については、法律上の父親はマリア・ピア殿下の最初の結婚の相手のユーゴスラビア王子アレクサンダル殿下(当主ではない傍系の人物)ですが、本当の父親は(後に母マリア・ピア殿下が再婚した)ブルボン=パルマ公子ミシェル殿下だというのが公然の秘密というか、秘密ですらない状況です。
 アルベール2世とこの一家は仲が良いので連れてきたのではないかと思いますが……なんというか、すごいですね……。
 マリア・ピア殿下の子供たちはキリスト教/東方正教会の信徒ではなく、カトリックの信徒です。母方を通じて近い親族のイタリア王室(直系)継嗣のヴェネツィア公/ピエモンテ公/サヴォイア公子エマヌエーレ・フィリベルト殿下と行動を共にすることもよくあります(ともに来日したこともあります)。エマヌエーレ・フィリベルト殿下は、セルビア正教会と対立する“モンテネグロ正教会”の支持者のような立場(本人は支持とはいってませんが)です。
 今回、アルベール2世らとセルビア正教会の聖職者らとの会合が報じられていないこと、現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下の臨席が無かったことなど、なにやら不穏(というか空気を読まずに適当に連れてきてドタキャンが発生しているのではないかというか)なものを感じますが、全部気のせいかもしれません。

 

 (フランス語:モナコ公室 公式サイト)Palais Princier de Monaco | Visite officielle de S.A.S. le Prince Albert II en République de Serbie

accompagné de Sa délégation, de la Princesse Maria Pia de Savoie et ses deux fils le Prince Serge de Yougoslavie et le Prince Michel de Yougoslavie.

 (英語:モナコ公室 公式サイト)Prince's Palace of Monaco | Official visit of H.S.H. Prince Albert II to the Republic of Serbia

accompanied by His delegation, Princess Maria Pia of Savoy and her two sons Prince Serge of Yugoslavia and Prince Michel of Yugoslavia.

 

 (英語:セルビア大統領府 公式サイト)Prince Albert II of Monaco on official visit to the Republic of Serbia | The President of the Republic of Serbia

adding that he asked for additional support from Monaco in Serbia’s European integration, but also the support of the Prince’s family.

 

Svečani doček u čast kneza Alberta II od… – Aleksandar Vučić | Facebook

 

Aleksandar Vučić(@buducnostsrbijeav) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

"Danas imamo izuzetno zadovoljstvo i posebnu čast da budemo domaćini knezu Albertu II od Monaka prilikom njegove prve zvanične posete Beogradu. Uzajamna opredeljenost za osnaživanje naših odnosa i dalji razvoj saradnje u svim oblastima je velika. Republika Srbija i Kneževina Monako su dve stare evropske države koje mogu biti ponosne na svoju istoriju, tradiciju, slobodarski duh i težnju da očuvaju svoj identitet i posebnost. Hvala Vam što ste prihvatili poziv da posetite Srbiju, učinivši istorijski korak u odnosima dve države. Uveren sam da će razgovori koje smo vodili biti snažan impuls unapređenju saradnje naše dve zemlje." – Predsednik Republike Srbije Aleksandar Vučić nakon sastanka sa knezom Albertom II od Monaka.

A post shared by Aleksandar Vučić (@buducnostsrbijeav) on

 

Aleksandar Vučić(@buducnostsrbijeav) • Instagram写真と動画

 

 (英語)Prince Albert makes first official visit to Serbia – Royal Central
 (英語)What we know about HSH Prince Albert II of Monaco’s official visit to Serbia

 

インタビュー記事(セルビア語ラテン文字):現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下への降誕祭に際してのインタビュー(2020年1月)

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)への降誕祭に際してのインタビュー記事が出ています。

 

 内容ですが、夫妻の慈善活動、伝統や降誕祭への考え方、博物館の収蔵品を巡って関係省庁とのトラブル(初めて知った話ですが……)、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下が王政復古を望む発言をした件、カラジョルジェヴィッチ君主(ユーゴスラビア王アレクサンダル1世ペータル2世)とオブレノヴィッチ君主(セルビア王アレクサンダル1世)らの彫像をベオグラードの街路に設置する計画に関して、セルビア共和国大統領ブチッチ閣下やセルビア共和国首相アナ・ブルナビッチ閣下との関係について、2020年について、などです。

 

 (セルビア語ラテン文字)DOĆI ĆE VREME DA SE U SRBIJI ISPRAVI ISTORIJSKA NEPRAVDA! Aleksandar II Karađorđević o vraćanju KRALJEVINE Srbima

Божићни интервју за Espreso.rs – Александар Карађорђевић | Facebook

 

関連:
 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下と共に降誕祭の朝の礼拝に(2020年1月)

 

「スルプスカ共和国の日」、セルビアの旧ユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下らが式典に参列、セルビア総主教イリネイ聖下らが礼拝(2018年1月)

 旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナを構成するスルプスカ共和国【セルビア人共和国】の“国祭日”が、2018年1月9日に祝われ、
 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室の、
 ユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)、
 ユーゴスラビア皇太子妃カタリナ殿下(英語ではキャサリン皇太子妃 : Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)、
 らが式典に参列し祝いました。

 また、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)は、バニャルカの救世主ハリストス大聖堂で礼拝をおこなったようです。

 

 (英語:セルビア王室公式サイト)THE ROYAL COUPLE AT CELEBRATION OF THE REPUBLIC OF SRPSKA DAY | The Royal Family of Serbia
 (英語:セルビア正教会公式サイト)State Day and Patron Saint-day of Republic of Srpska | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 (英語)The Crown Prince Couple of Serbia participated in national day celebration in the Republic of Srpska – Royal Central

 

 ダバル・ボスニア府主教ハリゾストム座下(His Eminence Metropolitan Hrizostom of Dabar-Bosnia)、
 バニャルカ主教イェフレム座下(His Grace Bishop Jefrem of Banjaluka)、
 ズヴォルニク・トゥズラ主教フォティイェ座下(His Grace Bishop Fotije of Zvornik-Tuzla)、
 ビハチ・ペトロバツ主教セルギイェ座下(His Grace Bishop Sergije of Bihac-Petrovac)、
 らが総主教と礼拝をおこなった模様。

 政界から、
 スルプスカ共和国大統領ミロラド・ドディク閣下(His Excellency Mr Milorad Dodik)、
 スルプスカ共和国議会議長ナデリコ・クブリロヴィッチ閣下(Nedeljko Cubrilović)、
 スルプスカ共和国首相ジェリカ・ツヴィヤノヴィッチ閣下(Željka Cvijanović)、
 ニコラ・セラコヴィッチ閣下(Nikola Selaković)、
 セルビア共和国ブチッチ大統領名代・大統領官房ニコラ・セラコヴィッチ閣下(Nikola Selaković)、
 セルビア共和国副首相ネボイサ・ステファノヴィッチ閣下(Nebojša Stefanović)、
 セルビア共和国国防大臣アレクサンダル・ヴーリン閣下(Aleksandar Vulin)、
 が参列。