サウジアラビアのアル=ワリード・ビン・タラール王子殿下が釈放された模様(2018年1月)

 サウジアラビア王国でムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード皇太子殿下(His Royal Highness Crown Prince Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud)の“王族粛清の嵐”(?)によって拘禁されていたアル=ワリード・ビン・タラール・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Al-Waleed bin Talal bin Abdulaziz Al Saud)が釈放されたという情報が出ています。

 うーむ、お金というか資産はどうなったんでしょうか。

 

サウジアラビアのタラール・ビン・アブドルアジーズ王子殿下【86歳】が、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下に抗議のハンガーストライキをおこなって入院しているとの報道(2018年1月)

 サウジアラビア王国でムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード皇太子殿下(His Royal Highness Crown Prince Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud)の“王族粛清の嵐”(?)が吹き荒れる中、タラール・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Talal bin Abdulaziz Al Saud)【86歳】が、息子のアル=ワリード・ビン・タラール・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Prince Al-Waleed bin Talal bin Abdulaziz Al Saud)らへの処遇(強引な逮捕、事実上強制的な財産接収など)に抗議して、2017年11月10日からハンガーストライキをおこない、入院しているという報道が出ています。

 

 (英語)EXCLUSIVE: Senior Saudi royal on hunger strike over purge | Middle East Eye