動画(2020年10月29日)モナコ公アルベール2世殿下がモナコ公国の外出規制強化を発表する映像。新型コロナウイルス感染症【COVID-19】対応

 2020年10月29日付の映像で、モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince Albert II, Sovereign Prince of Monaco)が、モナコ公国の外出規制強化などを発表する映像を公開しています。

※冒頭ではフランスのニースで起こった事件に触れています。

 

Palais Princier de Monaco – Prince's Palace of Monaco – Allocution de S.A.S. le Prince Albert II | Facebook

 

 (フランス語:モナコ公室 公式サイト)Palais Princier de Monaco | Allocution de S.A.S. le Prince Albert II – Nouvelles mesures sanitaires liées à la pandémie de la Covid 19

 

モナコ公アルベール2世殿下がボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボを訪問(2020年10月)名誉市民に?

 2020年10月9日(だと思います)、モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince Albert II, Sovereign Prince of Monaco)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ市を訪問しました。

 サラエボ市長アブドッラー・スカカ閣下(Abdulah Skaka)から “Key of the City of Sarajevo” を受け取っています。これは名誉市民になったということだと思います。

 

Klix.ba:
Princ od Monaka Albert II primio Ključ Grada Sarajeva – YouTube

 

Klix.ba:
Princ Albert II od Monaka uživa u pjesmi Ivice Šarića – YouTube

 

Federalna novinska agencija – FENA:
Princu Albertu II od Monaka uručen ‘Ključ grada Sarajeva’ – YouTube

 

 (ボスニア語:サラエボ市 公式サイト)Operni pjevač Ivica Šarić ispunio muzičku želju Princu Albertu II od Monaka | Sarajevo.ba

 

Grad Sarajevo(@city_of_sarajevo) • Instagram写真と動画

 

Grad Sarajevo(@city_of_sarajevo) • Instagram写真と動画

 

Abdulah Skaka – Večeras smo zajedno Njegovo presvijetlo… | Facebook

 

Abdulah Skaka – Njegovom presvijetlom visočanstvu, Princu… | Facebook

 

Abdulah Skaka – Visoki gost iz Kneževine Monako Princ… | Facebook

 

Abdulah Skaka – Naši projekti ispisuju nove, ljepše… | Facebook

 

Abdulah Skaka(@abdulah_skaka) • Instagram写真と動画

 

 (英語)Prince Albert II of Monaco receives the Key of the City of Sarajevo – Sarajevo Times
 (英語)Prince Albert II of Monaco receives 'Key to the City of Sarajevo' – FENA.NEWS

 

モナコ公アルベール2世殿下がセルビアを公式訪問、セルビア大統領ブチッチ閣下と会見(2020年10月)初日晩餐会にサヴォイア公女マリア・ピア殿下と子息のユーゴスラビア王子二人が臨席したとのことですが……

 2020年10月7日~10月8日にかけて、モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince Albert II, Sovereign Prince of Monaco)は、セルビア共和国を公式訪問しました。
 セルビア共和国大統領アレクサンダル・ブチッチ閣下(ヴチッチ大統領 : His Excellency Mr Aleksandar Vučić)と会見、(おそらく)同共和国最高位の勲章を受けました。
 大統領側は、セルビア大統領府の公式サイトによりますと、セルビアの欧州への統合に関して、モナコ公国のみならずモナコ公の助力を要請した模様。

 モナコ公室の公式サイトによると、初日の晩餐会に、(旧)イタリア王室のサヴォイア公女マリア・ピア殿下および子息のユーゴスラビア王子ミハイロ殿下とセルゲイ殿下が臨席したようです。
 なお、王子二人のうちセルゲイ殿下については、法律上の父親はマリア・ピア殿下の最初の結婚の相手のユーゴスラビア王子アレクサンダル殿下(当主ではない傍系の人物)ですが、本当の父親は(後に母マリア・ピア殿下が再婚した)ブルボン=パルマ公子ミシェル殿下だというのが公然の秘密というか、秘密ですらない状況です。
 アルベール2世とこの一家は仲が良いので連れてきたのではないかと思いますが……なんというか、すごいですね……。
 マリア・ピア殿下の子供たちはキリスト教/東方正教会の信徒ではなく、カトリックの信徒です。母方を通じて近い親族のイタリア王室(直系)継嗣のヴェネツィア公/ピエモンテ公/サヴォイア公子エマヌエーレ・フィリベルト殿下と行動を共にすることもよくあります(ともに来日したこともあります)。エマヌエーレ・フィリベルト殿下は、セルビア正教会と対立する“モンテネグロ正教会”の支持者のような立場(本人は支持とはいってませんが)です。
 今回、アルベール2世らとセルビア正教会の聖職者らとの会合が報じられていないこと、現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下の臨席が無かったことなど、なにやら不穏(というか空気を読まずに適当に連れてきてドタキャンが発生しているのではないかというか)なものを感じますが、全部気のせいかもしれません。

 

 (フランス語:モナコ公室 公式サイト)Palais Princier de Monaco | Visite officielle de S.A.S. le Prince Albert II en République de Serbie

accompagné de Sa délégation, de la Princesse Maria Pia de Savoie et ses deux fils le Prince Serge de Yougoslavie et le Prince Michel de Yougoslavie.

 (英語:モナコ公室 公式サイト)Prince's Palace of Monaco | Official visit of H.S.H. Prince Albert II to the Republic of Serbia

accompanied by His delegation, Princess Maria Pia of Savoy and her two sons Prince Serge of Yugoslavia and Prince Michel of Yugoslavia.

 

 (英語:セルビア大統領府 公式サイト)Prince Albert II of Monaco on official visit to the Republic of Serbia | The President of the Republic of Serbia

adding that he asked for additional support from Monaco in Serbia’s European integration, but also the support of the Prince’s family.

 

Svečani doček u čast kneza Alberta II od… – Aleksandar Vučić | Facebook

 

Aleksandar Vučić(@buducnostsrbijeav) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

"Danas imamo izuzetno zadovoljstvo i posebnu čast da budemo domaćini knezu Albertu II od Monaka prilikom njegove prve zvanične posete Beogradu. Uzajamna opredeljenost za osnaživanje naših odnosa i dalji razvoj saradnje u svim oblastima je velika. Republika Srbija i Kneževina Monako su dve stare evropske države koje mogu biti ponosne na svoju istoriju, tradiciju, slobodarski duh i težnju da očuvaju svoj identitet i posebnost. Hvala Vam što ste prihvatili poziv da posetite Srbiju, učinivši istorijski korak u odnosima dve države. Uveren sam da će razgovori koje smo vodili biti snažan impuls unapređenju saradnje naše dve zemlje." – Predsednik Republike Srbije Aleksandar Vučić nakon sastanka sa knezom Albertom II od Monaka.

A post shared by Aleksandar Vučić (@buducnostsrbijeav) on

 

Aleksandar Vučić(@buducnostsrbijeav) • Instagram写真と動画

 

 (英語)Prince Albert makes first official visit to Serbia – Royal Central
 (英語)What we know about HSH Prince Albert II of Monaco’s official visit to Serbia

 

COVID-19:ジャズミン・グレース・グリマルディ嬢が新型コロナウイルス感染を発表(2020年7月)モナコ公アルベール2世殿下の婚姻外の子供

 ジャズミン・グレース・グリマルディ嬢(Jazmin Grace Grimaldi)が新型コロナウイルス感染症の検査結果で陽性となったことを自ら発表しています。

 

JazminGraceGrimaldi(@jazmingrimaldi) • Instagram写真と動画

 

 (イタリア語)Jazmin Grace Grimaldi, la prima figlia del principe Alberto di Monaco positiva al covid19: sono sotto choc – Il Tempo

 

 ジャズミン・グレース・グリマルディ嬢は、モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince Albert II, Sovereign Prince of Monaco)の婚姻外の娘です(アルベール2世殿下も前に感染が発表されています)。
 現行のモナコ公位継承法では、誕生当時に両親が結婚していなくても誕生後に結婚すれば権利が発生しますが(準正)、ジャズミン・グリマルディ嬢の誕生当時には母親が別の男性と結婚していたため権利が発生する可能性はありません。

 

世界君主サミット2020:ウガンダ共和国/トロ王国外相が“作戦”などを語る「トロ王が大統領と連名の招待状を持って大統領特使として訪問すれば国王らに会える」「27人の国を統治している君主【国家元首】と80人のその他の君主を招待」(2020年1月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)の即位25周年とともにおこなわれる予定の「世界君主サミット2020」、ウガンダ共和国と共和国内のトロ王国の共催ということになるようですが、今回、いよいよ一般の(?)メディアで記事を発見しました。

 

 (英語)King Oyo starts campaign for World Monarchs Summit 2020 with visit to Oman – PML Daily

 

 これまでの情報を整理しておきましょう。

 世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】は今年【2020年】9月7日~9月11日にウガンダ共和国で開催予定です。
 これはトロ王 ルキディ4世 陛下即位25周年に関連しておこなわれるものです。

 今回の記事で明言されましたが、

According to Mutegeki, the high level summit will be attended by 107 reigning monarchs (27 sovereign and 80 Non sovereign) including Kings, Queens, Sultans, Emirs, Emperors, Grand Dukes and Princes together with over 10,000 delegates including Royal families, government, youth, women, religious, cultural and private sector leaders from the 107 Kingdoms/Monarchs.

 107人の君主が参加する予定(予定というか……)となっています。
 このうち27人は国家元首で、通常世界の君主を列挙していくときの27人でしょう(アンドラ共同統治公とローマ教皇を含まず)。
 残りの80人は、国家の中で公式に役割があるものの、国家元首ではない君主。日本人にはわかりにくいものですが、例えばアラブ首長国連邦では大統領を務めるアブダビ首長以外の首長、またはアフリカ各国の政府によって公認されている文化的役割を持つ王(文化とは便利な言葉)などがそれにあたります。

 そして、

He added, “The king is visiting these countries as a presidential envoy, you know the invitation letters were co-signed by him and the president and by the nature of these monarchs being heads of state in these countries, the king couldn’t invite them that’s why he went as a presidential envoy to deliver the invitations.”

 ウガンダ共和国大統領ヨウェリ・カグタ・ムセベニ閣下(ムセヴェニ大統領 : His Excellency Mr Yoweri Kaguta Museveni)と共同署名した招待状を持って大統領特使として訪問すれば、国家元首の国王などにも会える(かもしれない)という作戦のようです。
 これは日本にも来るつもりでしょう。

 記事によればルキディ4世陛下はすでにサウジアラビアも訪問したようですが、成果のほどやいかに。

 

この記事時点での状況(サウジアラビア追記):
 モナコ → アルベール2世殿下がトロ王より説明を受け、招待状を渡されたのか渡されていないのかよくわからない状況。少なくともアルベール2世が承諾したという話は出ていません。
 サウジアラビア → トロ王が誰と会えたのかもわかりません(追記:サウジアラビア王国外務大臣ファイサル・ビン・ファルハーン・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Faisal bin Farhan Al-Saud)が会見したようです:
世界君主サミット2020:ウガンダ伝統的君主/トロ王ルキディ4世陛下がサウジアラビア訪問時に会っていたのは外相のファイサル・ビン・ファルハーン王子殿下だった模様(2020年1月)トロ王はサルマン国王・ムハンマド皇太子を両方招待したとのこと。ムチャを申される!)。
 オマーン → トロ王が新スルタンのハイサム陛下を直接招待したという話はありません。

 

関連:
 オマーン次期スルタンの最有力候補/副首相アスアド・ビン・ターリク・アル・サイード殿下が、ウガンダ大統領特使/トロ王ルキディ4世陛下と会見(2020年1月)トロ王は9月に「世界君主サミット2020」を開催予定
 オマーンの新スルタン【国王】ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下が、ウガンダ大統領特使/トロ王ルキディ4世陛下と会見(2020年1月)

 

インデックスページ:
 世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】【#WorldMonarchsSummit2020】 – 世界の王室ニュース