世界君主サミット2020・COVID-19:ウガンダ伝統的君主/トロ王ルキディ4世陛下とウガンダ大統領ムセベニ閣下が、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいため、世界君主サミットを2023年に延期することで合意(2020年7月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)とウガンダ共和国大統領ヨウェリ・カグタ・ムセベニ閣下(ムセヴェニ大統領 : His Excellency Mr Yoweri Kaguta Museveni)は、今年【2020年】9月7日~9月11日にウガンダ共和国で開催予定となっていた世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】について、2023年7月23日~25日に延期することで合意した模様です。

※なお、「世界君主サミット2020」とはなんぞやという方は、世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】【#WorldMonarchsSummit2020】をご覧ください。

 陛下のツイッターのハッシュタグが「#WorldMonarchsSummit2020」から「#WorldMonarchsSummit」になっております。
 今のところ呼び名が単に「世界君主サミット」になるのか「世界君主サミット2023」になるのかはわかりません。
開催されるのかもわかりませんが……

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to meet and agree with H.E @KagutaMuseveni to postpone the first #WorldMonarchsSummit to 25 – 27 July 2023 due to #COVID__19. We also agreed on a new Road Map to engage Monarchs in the #COVID__19 response and recovery through virtual forums and regional dialogues. https://t.co/l0faVWVf3s」 / Twitter

 

 なお、どうせムリだろと思われていた世界君主サミットですが、陛下は、

 

 エスワティニ王(スワジランド王)ムスワティ3世陛下(His Majesty King Mswati III of Eswatini)がサミットへの参加を決定したと発表したり、

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was most honoured to visit His Majesty King Mswati III in #Eswatini who confirmed his participation in the first-ever #WorldMonarchsSummit2020 from 7 – 11 September 2020 in Uganda. I thank His Majesty and the people of #Eswatini for the great hospitality and friendship. https://t.co/TdFhUU4eWi」 / Twitter

 

 レソト王レツィエ3世陛下(His Majesty King Letsie III)を招待したり、していたようです。

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to meet His Majesty the King of #Lesotho in Maseru. I extended to His Majesty King Letsie III an Invitation to the first-ever #WorldMonarchsSummit2020 from 7 – 11 September 2020 and look forward to welcoming him to Uganda and Tooro Kingdom. https://t.co/84yrTa6vQS」 / Twitter

 

訃報(2020年1月?):ナイジェリア伝統的君主/イリ王ジョシュア・アガグバ陛下【アマソヴォ1世】が崩御、統治2年ちょっとで 115歳 (! たぶん間違いですが)と報道(?~2020)世界最高齢君主は94歳だったのでは……

 ナイジェリア連邦共和国デルタ州の伝統的君主/イリ王ジョシュア・アガグバ陛下(His Royal Majesty Joshua Aghagbaアマソヴォ1世Amathovo I, Odio-Ologbo of Irri Kingdom)が崩御した模様。
 統治2年ちょっとですが 115歳 と報道されています(なお信頼できる世界高齢ランキングには名前がありませんでした)。

 なお子息のジョセフ・アガグバ王子(Prince Joseph Aghagba)らの声明によると、キリスト教のアングリカンの信徒らしいです(王子の年齢も気になりますが……)。

 

 (英語)115-year-old Delta monarch dies after two-year reign – WuzupNigeria General
 (英語)Delta kingdom loses 115 years old monarch, after 2yrs reign – Vanguard News

 

 それにしても、世界最高齢君主は94歳だったのでは。
関連:
 ナイジェリア伝統的君主/ンネウィ王ケネス・オニエネケ・オリズ3世、“現在の世界最高齢君主【94歳】”に関する記事(2020年1月)

 21年も今回の方が上回ります。
 いや、本当に115歳ということはないでしょうが……。

 

モロッコ王 モハメッド6世 陛下の時計36個を盗んだ一味に犯罪組織結成と強盗で有罪。主犯格のメイドと男は15年の実刑(2020年1月)

 2013年に遡る話らしいのですが、モロッコ王モハメッド6世陛下(His Majesty the King Mohammed VI of Morocco)の時計36個をマラケシュの王宮から盗んだ一味に犯罪組織結成と強盗で有罪が出たそうです。
 主犯格のメイドと男は15年の実刑とか。

 どうも記事の表記が曖昧ですが……。

 

 (英語)Suspects Handed Prison Sentence for Stealing King Mohammed VI’s Watches

The two main defendants, a maid and a 46-year-old man, received a 15-year prison sentence.

a 46-year-old maid and a man accused of stealing 36 watches from the Royal Palace in Marrakech.

 見出しでは、「メイドと46歳の男」を主犯としていますが、本文では「46歳のメイドと男」になっています(注意:訂正が入るかもしれません)。
 人数も最初の方では15人となっていますが、下の方の数を足し合わせると「???」となってしまいます。ともあれ、記事によると14人は「時計の出所を知らなかった」と主張していたようです(それは「絶対知ってたな」と思われてしまうのでは……)。

 

バーレーン王ハマド陛下が、モロッコ王 モハメッド6世 陛下を訪問(2020年1月)

 バーレーン王ハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ陛下(His Majesty Hamad bin Isa Al Khalifa, King of Bahrain)は、モロッコ王モハメッド6世陛下(His Majesty the King Mohammed VI of Morocco)を訪問しました。

 

写真数枚が切り替わる/
Bahrain TV News Center مركز الأخبار:
البحرين مركز الأخبار : جلالة الملك المفدى يلتقي جلالة ملك المملكة المغربية الشقيقة 24-01-2020 – YouTube

 

 (英語)HM King meets King of Morocco

 

Bahrain News AgencyさんはTwitterを使っています: 「HM King meets King of Morocco https://t.co/k7Gz6scQxx https://t.co/UycjgK735r」 / Twitter

 

BNA | وكالة أنباء البحرين(@bnanews) • Instagram写真と動画

 

ナイジェリア/クワラ州で、王を称したサンデー・アヤントラ首長という人物に有罪判決(2020年1月)

 2020年1月22日、ナイジェリア連邦共和国クワラ州の高等裁判所は、イウォイエ王陛下(His Royal Majesty, Obaoye of Iwoye)を称したサンデー・アヤントラ首長(Chief Sunday Ayantola)という人物に有罪判決を出したようです。

 

 (英語)Kwara chief sentenced for parading self as king – Punch Newspapers
 (英語)Kwara 'monarch' goes to prison – The Nation Newspaper

 

※量刑が「sentenced to one year non-custodial imprisonment.」となっていて、なんだかいまいちわかりませんが……。保護観察みたいなものでしょうか。

 ナイジェリア連邦共和国クワラ州のオケ=エロ地方行政区の中にアイエドゥン王国(Ayedun kingdom)というものがあり、そこの王がオルセグン・ロティミ陛下(His Royal Majesty Dr Olusegun Rotimi, Obajisun of Ayedun)というらしいですが、その王が、有罪になった人物を、

installed him as his second-in-command.

 補佐役というのか副王というのか、ともかく自分の次席となる高い地位に就けたところ、思い上がったのかどうかはわかりませんが、次席に就いた人物が自分は王だと主張し始めたということのようです。
 それでコミュニティが混乱したそうですが、記事を読んでいる当方も「なぜそんなことで混乱するのか」と混乱しております。

Evidence before me is that Ayedun kingdom is made up three wards which are Ikotun, Iwoye, and Odo-Ila, and Iwoye is just a ward or quarter in Ayedun under the Obajisun.

 裁判官によると、アイエドゥン王国は、イコトゥン、イウォイエ、オド=イラの三区画で構成されており、イウォイエはアイエドゥンの中の区画のひとつにすぎない(のでイウォイエには王様はいない)ということです。
 それは……そうなのかもしれませんが、そういう問題なのかということと、あと王国に三区画しかないんですかという感想がわきます。もっとも、ナイジェリアではよくあることなんだろうなあという気もします。