ナイジェリア伝統的君主:崩御したオグワシ=ウク王に対し州知事や大統領まで弔意を表明した後に「彼は王ではなかった」との主張が(2019年9月)

 いったい何がどうなっているのか……。

関連:
 訃報(2019年9月?):ナイジェリア伝統的君主/オグワシ=ウク王チュクウカ・オコンジョ陛下が崩御(?~2019)ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ(元)財務相・(元)外務相の父

 崩御したオグワシ=ウク王チュクウカ・オコンジョ陛下(His Royal Majesty Professor Obi Chukwuka Okonjo, The Obi of Ogwashi-Uku)が、実は王ではないという主張が王室の(少なくとも一部の)代理人と称する人物より出ています。

 

 (英語)Rumble In Okonjo Family, Ngozi Okonjo-Iweala Lambasted For Desecrating Throne | THEWILL

*Prof. Okonjo was never an Obi of Ogwashi-Uku under our tradition but a mere Regent. Accordingly, his first child cannot be Obi, as deceitfully inferred by Ngozi.

* Succession to the traditional stool of Ogwashi-Uku is strictly by PRIMOGENITURE. Prof. Okonjo was never in the line of succession and therefore only served as a REGENT. His 3rd son, Chude, consequently can never be Obi.

*The Obiship of Ogwashi-Uku does not go to the highest bidder, it is rooted in an ancient custom and tradition which is inviolable. Prof. Okonjo, in effect, usurped the throne. These issues form the bedrock of Suit No: A/159/2019, Prince Patrick Okonjo v. Prince Nathan Okonjo & 8 Ors, now before the High Court of Justice, Asaba.

 

 重要なのは、上記の三つなので、これを見ていきましょう。

 まず一つ目は、オコンジョ教授(崩御した王のこと)は、オグワシ=ウク王であったことはなく、単に摂政だったとし、それゆえに彼の長男は Obi (王のこと)になることはできないという主張です(長男は今回の話題でまったく登場していませんが)。

 二つ目は、オグワシ=ウク王位は長幼制(おそらく男子限定長幼制)であり、オコンジョ教授は継承順位に並んだことはなく、彼の三男(新しい王に選出されたと報道)も王にはなれないとしています。

 三つめは、オコンジョ教授は要するに簒奪者と述べるもの。
 またこれらの問題はパトリック・オコンジョ王子とネイサン・オコンジョ王子の間で(?)高等法院で争われている(?)としています。

 

 読んだ限りでは、主張をもう少し整理していただきたいというところですが……(特に最後の部分は訴訟で何を争っているのかわかりません)。

 摂政と簒奪者ではえらい違いがありますが、とりあえず強引に王を称したが伝統的には摂政とでもいうほかないと主張しているとでも理解しておきましょう。
 一つ目の項目については、摂政だったので、王ではなく、彼の息子も王になれないですよ、と主張しているのでしょう。
 二つ目の項目については、オコンジョ教授が継承順位に並んでいないとするのはちと違うような気がするので(娘のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ(元)財務相をプリンセスと呼んでいる)、おそらく彼は一族ではあるが、ルール上は継承順位が下のほうの傍系の人物との主張なのでしょう。
 三つ目の項目からすると、パトリック王子とネイサン王子のいずれかが正しい王だということに思えますが……(8 Ors がなんなのかまったくわかりません)。なお、このパトリック王子と、次の王位を主張したとされるオコンジョ教授の弟(?)バー・パトリック・オコンジョBarr Patrick Okonjo)はあるいは同一人物かもしれません(その場合、弟ではなく兄のほうがしっくりくるような気がしますが……)。

 

 それにしても、継承法が強固な長幼制なら、争いが起こる余地は極めて小さいはずで(先に生まれたのがどちらかわかればそれで終わり)、仮に上で解釈した通りに二人の王子が法廷で争っているとすると、何を争っているのか……。
 数十年前から混沌としているならまだしも、今回崩御した「王」は2007年即位とされています。

 

ガーナ伝統的君主:アシャンティ王オトゥムフオ・オセイ・トゥトゥ2世陛下が国連総会の「High-Level Forum on the Culture of Peace – 20th Anniversary」で基調講演(2019年9月)退任する第73回国連総会議長マリア・フェルナンダ・エスピノサ・ガルセス閣下およびグテーレス国連事務総長と会見

 2019年9月13日、国際連合総会【国連総会】の「High-Level Forum on the Culture of Peace – 20th Anniversary」がおこなわれ、ガーナ共和国のアシャンティ王オトゥムフオ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(アシャンティ皇帝 : His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu II, King【Emperor】 of the Ashanti Kingdom【Empire of Ashanti】【Asantehene of Asante】, Kumasehene of Kumasi)が基調講演をおこないました。

 それとは別に、第73回 国際連合総会【国連総会】議長マリア・フェルナンダ・エスピノサ・ガルセス閣下(Her Excellency María Fernanda Espinosa Garcés)との会見(謎の空間で謎の椅子に座ってます)や、国連事務総長アントニオ・マヌエル・デ・オリヴェイラ・グテーレス閣下(His Excellency Mr António Manuel de Oliveira Guterres)との会見があったようです。

 

UN GA PresidentさんはTwitterを使っています: 「#cultureofpeace20 #UN4ALL https://t.co/aDssdftH53」 / Twitter

 

 国連総会議長との会見。
 この空間と椅子が、 culture と peace をあらわしているとかそういうことなんでしょうか(困惑)。

UN GA PresidentさんはTwitterを使っています: 「Thank you, Your Majesty Otumfuo Osei Tutu II Asantehene for your exemplary leadership on preventing and mediating conflicts in #Ghana & #Africa. Your presence at yesterday's event sends an important message to the 🌍. We are united in our vision for peace, solidarity & tolerance https://t.co/2mFHdi6cao」 / Twitter

Ashanti KingdomさんはTwitterを使っています: 「His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu II with Her Excellency María Fernanda Espinosa Garcés, President of the UN General Assembly @UN_PGA #cultureofpeace20 #Ghanatotheworld https://t.co/Qih279froX」 / Twitter

Manhyia PalaceさんはTwitterを使っています: 「Working Luncheon for the King after the Forum. #CultureofPeace20 @UN_PGA https://t.co/BhhR7Hratb」 / Twitter

 

 国連事務総長との会見。

Ashanti KingdomさんはTwitterを使っています: 「The Asantehene His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu, yesterday paid a courtesy call on the Secretary General of the United Nations, His Excellency Antonio Guterres at UN Headquarters in New York…..cont https://t.co/JGScHIcZzf」 / Twitter

 

 ハイレベルフォーラムに関するもの:

 
 (英語:国際連合公式サイト)High-Level Forum on the Culture of Peace – 20th Anniversary | General Assembly of the United Nations
 予定表です。

 称号と敬称付きの表記。

 (英語:国際連合公式サイト)UN General Assembly celebrates 20 years of promoting a culture of peace | UN News
 こちらは終了後の記事ですが、アシャンティ王に関しては少々触れているだけです。

 (英語)UN General Assembly: I Feel Wounded When Africans Are Underestimated – Asantehene | Politics | Peacefmonline.com
 (英語)Otumfuo's Colourful Kente on Display at the UN (Photos)
 (英語)Otumfuo preaches 'dialogue' for complex conflict resolution at UN | General News 2019-09-14

 

UN GA PresidentさんはTwitterを使っています: 「An honour to welcome His Majesty Otumfuo Osei Tutu II Asantehene and return his gracious hospitality at Manhyia Palace in #Ghana. I thank you for accepting to participate in #CultureofPeace20 and together reaffirm our commitments to dignity, human rights, justice & understanding https://t.co/L08uiYOwIZ」 / Twitter

 

Peace FM OnlineさんはTwitterを使っています: 「UN-General-Assembly-I-Feel-Wounded-When-Africans-Are-Underestimated—Asantehene https://t.co/WIrivTUuxR https://t.co/QyYDff0mq9」 / Twitter

 

ウガンダ伝統的君主:トロ王ルキディ4世陛下の即位24周年式典(2019年9月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人、トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)の即位24周年式典が、2019年9月12日におこなわれたようです。

 1995年即位(即位式は2010年におこなわれています)。
 即位から~周年の式典をエンパンゴ(Empango)と呼んでいるようです。

 ちなみに同陛下らは今年4月に、仏教系団体の催しで来日していますが、どういう経緯でそうなったのかはよく知りません。

 

 (英語)Tooro Kingdom Celebrates King Oyo’s 24th Coronation Anniversary – Online news from Uganda and the East African region – SoftPower News
 (英語)Museveni Hails Oyo As Tooro King Celebrates 24 Years On The Throne | ChimpReports

 

King OyoさんはTwitterを使っています: 「I'm very thankful to God for 24 years as King of Tooro. I also thank everyone who has ensured successful #24thEmpango celebrations 2019. https://t.co/ES0ptFPY83」 / Twitter

 

Tooro Kingdom – Tooro Kingdomさんが投稿をシェアしました。 | Facebook

Tooro Kingdomさんの投稿 2019年9月13日金曜日

 

SoftPower News – Tooro Kingdom has Thursday celebrated… | Facebook

Tooro Kingdom has Thursday celebrated 24th coronation anniversary of Omukama Oyo Nyimba, who is also the Joint United…

SoftPower Newsさんの投稿 2019年9月12日木曜日

 

訃報(2019年9月?):ナイジェリア伝統的君主/オグワシ=ウク王チュクウカ・オコンジョ陛下が崩御(?~2019)ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ(元)財務相・(元)外務相の父

 ナイジェリア連邦共和国デルタ州の伝統的君主で、おそらくイボ人の王の一人の、オグワシ=ウク王チュクウカ・オコンジョ陛下(His Royal Majesty Professor Obi Chukwuka Okonjo, The Obi of Ogwashi-Uku)の崩御が報道されています(追記:アメリカ合衆国で崩御したとの情報も)(追記2:アメリカ合衆国およびガーナ共和国訪問から帰国してラゴスで崩御したとの情報も)。
 2007年即位の91歳。数学教授と記載されています。
 娘のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ夫人(Ngozi Okonjo-Iweala)はナイジェリア連邦共和国で外務大臣や財務大臣を務め、また世界銀行などでも要職を占めています。一番最近では今年8月の TICAD で来日していたようですが、それ以前に何回か来日しています。

 崩御に伴い子息(三男との情報)のイフェチュクウデ・チュクウカ・オコンジョIfechukwude Chukwuka Okonjo)が即座に王として選出され、伝統的な即位式がおこなわれて正式な王となるようです(州政府の承認が必要だと思いますが)。追記:式は9月13日に午前3時よりすでに始まり21日間続く模様。
 新王は、英国やアメリカで経済学や歴史学の学士号、 MBA を取得し、現在フランスのパリで経営学の博士号を取得するために学んでいるようです。

追記:
 崩御した王の弟バー・パトリック・オコンジョBarr Patrick Okonjo)が王位を争う姿勢を示したようです。退けられたようですが、今後の行方は不明です。

 

 (英語)BREAKING: Obi Okonjo, ex-Finance Minister's father, dies at 91 – The Sun Nigeria
 (英語)Ex-finance Minister Iweala loses dad – The Nation Newspaper
 (英語)Ogwashi-Uku Kingdom
 (英語)Nigeria’s Ex-Finance Minister, Ngozi Okonjo-Iweala, Loses Father | Sahara Reporters
 (英語)Okonjo-Iweala's father's death opens fresh succession tussle over Ogwashi-Uku stool – Daily Trust
 (英語)Ogwashi-Uku Monarch Dies At 91
 (英語)Okonjo-Iweala loses dad, Peter Obi mourns – The Eagle Online
 (英語)Okonjo dies in Lagos after US trip – Daily Post Nigeria
 (英語)Okonjo-Iweala's brother becomes traditional ruler of Ogwashi-Uku Kingdom – Daily Post Nigeria

 (英語:ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ(元)財務大臣の声明を含む記事)Okonjo-Iweala's father, Chukuka Okonjo, is dead
 (英語)Okonjo-Iweala: My Father Died Same Way He Lived | Sahara Reporters

 (英語:デルタ州州知事の弔意のコメントを含む記事)Okowa reacts to Okonjo's death – Daily Post Nigeria

ブハリ大統領閣下の弔意のコメントを含む記事:
 (英語)Buhari reacts to Okonjo's death – Daily Post Nigeria
 (英語)Buhari condoles with Okonjo-Iweala over death of dad | P.M. News
 (英語)Buhari Mourns Prof. Okonjo – THISDAYLIVE
 (英語)Buhari Mourns Okonjo-Iweala’s Father – Channels Television

 

The Sun NigeriaさんはTwitterを使っています: 「BREAKING: Obi Okonjo, ex-Finance Minister's father, dies at 91 – https://t.co/G8AFYX5wxg https://t.co/tGlu4Sumjr」 / Twitter

 

The Sun Nigeria – BREAKING: Obi Okonjo, ex-Finance… | Facebook

BREAKING: Obi Okonjo, ex-Finance Minister's father, dies at 91https://www.sunnewsonline.com/breaking-obi-okonjo-ex-finance-ministers-father-dies-at-91/

The Sun Nigeriaさんの投稿 2019年9月13日金曜日

 

Premium Times – JUST IN: Okonjo-Iweala's father, Chukuka… | Facebook

JUST IN: Okonjo-Iweala's father, Chukuka Okonjo, is dead==========In pursuit of this commitment, Daddy sponsored the…

Premium Timesさんの投稿 2019年9月13日金曜日

 

The Eagle OnlineさんはTwitterを使っています: 「Okonjo-Iweala loses dad, Peter Obi mourns – https://t.co/VN0NMJO6KV https://t.co/cG63Y34c8x」 / Twitter

 

Ngozi Okonjo-IwealaさんはTwitterを使っています: 「It is with thanks to Almighty God that I announce two impactful events: the Ascension to the throne of the Ogwashi-Uku Kingdom of my brother, Obi Ifechukwude Chukuka Okonjo, upon the passing away of my father Obi (Professor) Chukuka Okonjo at the age of 91.」 / Twitter

 

関連:
 ナイジェリア伝統的君主:崩御したオグワシ=ウク王に対し州知事や大統領まで弔意を表明した後に「彼は王ではなかった」との主張が(2019年9月)

 

ウガンダ伝統的君主:ブガンダ王ロナルド・ムウェンダ・ムテビ2世陛下が、 いとこ の王女から土地に関する訴訟を起こされた模様(2019年9月)ほかにも多数の訴訟が起きており、王子や別の王女の名も

 報道によりますと、ブガンダ王ロナルド・ムウェンダ・ムテビ2世陛下(His Majesty Ronald Muwenda Mutebi II, Kabaka【King】 of Buganda)に対し、 いとこ のイディス・ムポロゴマ王女(Princess Edith Mpologoma)が、亡父の土地の横領(?)を理由に訴訟を起こしたようです。

 

 (英語)Tables turn! Buganda princess sues Kabaka Mutebi over land grabbing – PML Daily

The Kabaka Mutebi faces charges along with several others including Kampala Capital City Authority (KCCA), Commissioner Land Registration, Joseph Ssempebwa, Prince Kassim Kakungulu Nakibinge, Ferikitansi Keziya Nabisenke and Princess Namukabya Nfamba.

 

 他にも当局、土地登記委員(?)の人物、カシム・カクングル・ナキビンゲ王子(Prince Kassim Kakungulu Nakibinge)、ナムカビャ・ンファムバ王女(Princess Namukabya Nfamba)らがすでに訴訟を起こしているようです。
※王子と王女の間に名前がある「Ferikitansi Keziya Nabisenke」という人物も王子なのかもしれません。

 以前からブガンダ王国の土地の問題は錯綜しており、前提がよくわからない上に今のルールもよくわからず現況もわからないのですが、今回の件はわりと主張がわかります。
 簡単に言えば、欧州でもよくある、該当の土地は王個人のもの王国のものかという話です。
 イディス・ムポロゴマ王女側は、該当の土地は、王女や陛下の祖父であるブガンダ王“サー”・ダウディ・クワ2世(Sir Daudi Chwa II)の個人の土地だったとしており、その土地は息子(長男?)のジョージ・ウィリアム・マワンダ・クワ王子(Prince George William Mawanda Chwa)が継承し、そして今は娘の自分が相続しているはずだったのだが、ムウェンダ・ムテビ2世陛下が王国の土地だということにしているのだ、と主張しているということになります。
 そして2013年にこの土地が政府からブガンダ王に誤って返還された、としています。

 

 この件もそうなのですが、政府からブガンダ王(国)への資産返還に伴い、極めて雑な作業がおこなわれていたことは確かです。また、現状のブガンダ王国の土地のルールに関しての理解の共有もされていないようにも見受けられます(そもそも現在のブガンダ王国というのがどういうものか簡単に説明しろといわれても困る状況です)。
 欧州でも(旧)共産圏による(旧)王室などからの財産接収への返還に関していまだに争われている状況を考えると、ウガンダ共和国/ブガンダ王国のこれらの問題はこれからまだまだ続くでしょう。しかもまだまだ政府から返還されるものが多くあることを考えると、この手の裁判は 1000 年くらい先まで続くのではないかという気がします。