マラウイ共和国北部のムズズ高等裁判所が、マラウイ伝統的君主/トゥンブカ大首長ムティマ・ゴンドウェの選出・即位を手続きに違反しており違憲として廃位(2021年4月)いとこのジョゼフ・ゴンドウェの訴えを受けたもの。大統領が大首長を指名するまでムティマ・ゴンドウェが代行として留まる模様

 マラウイ共和国北部のムズズ高等裁判所は、マラウイ共和国内の伝統的君主、トゥンブカ大首長ムティマ・ゴンドウェMtima Gondwe, Tumbuka Paramount Chief Chikulamayembe)の2019年の選出・即位を、手続きに違反しており違憲として廃位したようです。
 ムティマ・ゴンドウェのいとこのジョセフ・ボンゴロロ・ゴンドウェJoseph Bongololo Gondwe)が、自らが大首長となる権利を有していると主張し、提訴したのを受けた判決の模様。

 ムティマ・ゴンドウェは、2018年の父・故トゥンブカ大首長ウォルター・チェンジ・ゴンドウェWalter Change Gondwe, Tumbuka Paramount Chief Chikulamayembe)の崩御を受けて、2019年に州政府の大臣によって即位を認められていたようですが、今回の判決は「手続きに違反しており違憲」とし「大統領が大首長を指名するまでムティマ・ゴンドウェは代行として留まる」としています。
 とすると、州政府ではなく、大統領が指名するのが正しい手続きということにも思えますが……。マラウイでは、2019年に大統領選挙が無効となる混乱が発生しており、関連しているかもしれません。

 記事内にはその他に、ムティマ・ゴンドウェ側の代理人を務めるハンガ・ゴンドウェHunga Gondwe)という一族らしき人物の人名もあります。「決定は指名の手続きと即位を再度おこなう機会を与えたものだ」とコメントしているようで、これは再度指名されることを想定しているのでしょう。であれば、最高裁判所への上訴の意思は今のところなさそうです。

 現在のマラウイ共和国大統領ラザルス・マッカーシー・チャクウェラ博士閣下(His Excellency Dr Lazarus McCarthy Chakwera)の反応を待つことになりそうです。

 

 (英語)Mtima Gondwe removed as Paramount Chief Chikulamayembe | Malawi 24 – Malawi news

 

Malawi24 – ホーム | Facebook

ナイジェリア伝統的君主:オグワシ=ウク王の姉妹、世界貿易機関【WTO】のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ事務局長が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 世界貿易機関【WTO】のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ事務局長(Ngozi Okonjo-Iweala)は、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)への弔意を表明しました。

 アースショット賞評議会で同じくメンバーを務めるケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)への弔意も併記されています。

 

Ngozi Okonjo-IwealaさんはTwitterを使っています 「Saddened by the passing of HRH Prince Phillip, Duke of Edinburgh. My condolences to HM the Queen, PM @BorisJohnson, @trussliz and people of the UK. Let me particularly condole HRH Prince William, Duke of Cambridge @KensingtonRoyal, Founder & member of our Earthshot Prize Council.」 / Twitter

 

 同・事務局長は、ナイジェリア連邦共和国デルタ州の伝統的君主の一人、故・オグワシ=ウク王チュクウカ・オコンジョ陛下の娘で、現在は事務局長の兄弟のイフェチュクウデ・チュクウカ・オコンジョ陛下がオグワシ=ウク王となっています。

関連:
 訃報(2019年9月?):ナイジェリア伝統的君主/オグワシ=ウク王チュクウカ・オコンジョ陛下が崩御(?~2019)ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ(元)財務相・(元)外務相の父

ウガンダ伝統的君主:トロ王 ルキディ4世 陛下が、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下への弔意を表明(2021年4月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)は、薨去した英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)への弔意を表明しました。

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「Saddened by the passing of His Royal Highness Prince Philip, Duke of Edinburgh. I extend our deepest condolences to Her Majesty Queen Elizabeth II, @RoyalFamily and the British people. Tooro Kingdom joins the rest of the World in mourning a cherised global icon. #RIPPrincePhillip https://t.co/YZGn88lV95」 / Twitter

(旧)エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下が、崩御した南アフリカ伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下への弔意を表明(2021年3月)

 エチオピア帝室評議会議長のエルミアス・サーレ=セラシエ・ハイレ=セラシエ皇子殿下(His Imperial Highness Prince Ermias Sahle-Selassie Haile-Selassie, President of the Crown Council of Ethiopia)が、崩御した南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)への弔意を表明しています。

 

Ethiopian CrownさんはTwitterを使っています 「It was with profound sadness that we learned that His Majesty King Goodwill Zwelethini is no longer with us. Herein is an important statement from the Crown Council of Ethiopia. https://t.co/CUqUVQoSlb」 / Twitter

 

 

The Crown Council of Ethiopia(@ethiopiancrown) • Instagram写真と動画

ウガンダ伝統的君主/トロ王ルキディ4世陛下が、崩御した南アフリカ伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下への弔意を表明(2021年3月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)が、崩御した南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)への弔意を表明しています。

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I am saddened by the passing of King Goodwill Zwelithini, a great champion of African culture and traditions. King Zwelithini was a shining symbol of hope and unity. Tooro Kingdom stands with the Royal Family and People of Zulu Nation during this trying time. #RIPKingZwelithini https://t.co/F2DG1ZfEg6」 / Twitter