記事(英語):ナイジェリアで最も強力な王たち トップ10(2022年9月)

 定期的に見かけるタイプの記事ですが、ナイジェリア連邦共和国で最も影響力のある伝統的君主を10人挙げています。

 

 (英語)Most Powerful Kings in Nigeria (With Pictures): Top 10 – Bscholarly

 

 10人は、

1. Alaafin of Oyo
2. Emir of Kano
3. Sultan of Sokoto
4. Ooni of Ile-Ife:
5. Dein of Agbor
6. Oba of Benin
7. Oba of Lagos
8. Obi of Onitsha
9. Olu of Warri
10. Olubadan of Ibadan

 となっており、

  1. オヨ王
  2. カノ首長
  3. ソコトのスルタン
  4. (イレ=)イフェ王
  5. アグボー王
  6. ベニン王
  7. ラゴス王
  8. オニチャ王
  9. ワリ王
  10. イバダン王

 いずれも記事などで動静がよく報じられる人物たちです(オヨ王は2022年4月に崩御し、空位)。

 1.のオヨ王と、4.のイフェ王は、ヨルバ系の二大君主です。歴史的にもあまり仲がよろしくありません。
 7.のラゴス王、10.のイバダン王もヨルバ系なので、このトップ10ではヨルバ系君主が4人ということになります。イバダン王は最近崩御があり、先代王と確執・騒動があった人物が新たに王となっています。

 2.のカノ首長は、北部イスラム圏ではナンバー2の君主です。
 大きな影響力を誇った先々代のアド・バイエロの薨去後、長男のサヌシ・アド・バイエロではなく、ムハンマド・サヌシ2世(ジョナサン大統領(当時)と対立した中央銀行総裁(当時))が政治的なバランスも考慮されて州知事から指名されていました。
 しかし結局、廃位され、アド・バイエロの次男(?)のアミヌ・アド・バイエロ(ビチ首長という新設の首長になっていた)が継承しています。ビチ首長自体は弟のナシル・アド・バイエロが継承。
 また先述のサヌシ・アド・バイエロは首長位につけておらず、弟の即位後に評議会のメンバーに選出されていますが、将来の継承に影響が出るのかどうかはわかりません。

 3.のソコトのスルタンは、北部イスラム圏でナンバー1の権威の君主です。
 ナイジェリアからのマッカ(メッカ)巡礼を率いる役割を毎年のように大統領から打診されていますが、これが伝統なのかどうかはよくわかりません。

 5.のアグボー王は、(Dein of Agbor)という称号を用いますが、州の伝統的君主の評議会がこの称号を取り消して他の君主らと同じようなものにしようとした結果、抗議活動が起こったりするなどの出来事がありました。

 6.ベニン王、8.オニチャ王に比べると、9.ワリ王の知名度は低かったように思いますが、昨年の戴冠式に大統領経験者やイフェ王の訪問があったり、関連してベニン王との歴史的つながりがあらためて示されたりということがありました。

南アフリカ伝統的君主:ムポンド人の王位に関して、最高上訴裁判所が(5月に崩御し、6月に第一級公葬がおこなわれた)ザノズコ・シカウ陛下の王位を無効と判断(2022年9月)

 2022年9月14日、南アフリカ共和国の最高上訴裁判所は、故ザノズコ・シカウ陛下(Kumkani Zanozuko Sigcau)がムポンド人の王であると、大統領や CTLDC が承認したのは誤りだとする、ウェジズウェ・シカウ王女(Wezizwe Sigcau)らの訴えを認めました(報道などでの王女の名前と判決文の名前 Wenzile Feziwe Sigcau が異なっていますが詳細不明)。
 これにより、2018年の憲法裁判所の承認によりザノズコ・シカウ陛下を王と認めた決定は無効となりました。

 

Supreme Court of Appeal ZAさんはTwitterを使っています: 「Media Summary: Wenzile Feziwe Sigcau & Another v The President of the Republic of South Africa, the Commission on Traditional Leadership & Others (Case no 961/2020) [2022] ZASCA 121 (14 September 2022) The SCA today upheld an appeal against an order by the Gauteng Division. https://t.co/8nqZBPIXno」 / Twitter

 

 なお、故ザノズコ・シカウ陛下は(とりあえず陛下表記を続けますが)、5月31日に崩御し、南アフリカ共和国大統領マタメーラ・シリル・ラマポーザ閣下(Matamela Cyril Ramaphosa)が弔意を表明・第一級公葬(Official Funeral Category One)もおこなわれました。
 その後、摂政や次期王位に関する議論も出ていたところでこの判決、となり、正直もうなにがなにやら……。

 判決は、訴えを起こしていた王女の父・故ムポンドンビニ・シカウMpondombini Sigcau)を正統な王と認めています。この前提で次の王(or女王?)を決めなさいということでしょうが……。

 王女は自らが女王となるつもりでしょうが、判決文がそこまで踏み込んだものかどうかは……そもそもこの王女の きょうだい とかはいるのかいないのか、いても何人いるのか、などまったくわかりません。

 また、どうなるにせよその決定に時間がかかり、かつ決定された後に裁判になるのも目に見えているので、この件に限らず、南アフリカ共和国は伝統的君主に関する制度設計に壮大に失敗してしまった感がありありとします。

 

大統領から陛下への弔意:
 (英語:南アフリカ共和国 政府 公式サイト)King Zanozuko Tyelovuyo Sigcau | South African Government

 

葬儀の様子(5時間以上)/
SABC News:
Official Funeral Category One of AmaMpondo King Zanozuko Sigcau – YouTube

訃報(2022年7月24日):ナイジェリア伝統的君主/イセイン王アブドゥルガニユ・アデクンレ・サラウディーン陛下(アジネゼ・オログネビ1世)が崩御(1956~2022)ヨルバ系君主の崩御続く。オヨ州知事が弔意を表明

 2022年7月24日、ナイジェリア連邦共和国オヨ州の第一級伝統的統治者の一人、イセイン王アブドゥルガニユ・アデクンレ・サラウディーン陛下(アジネゼ・オログネビ1世 : His Royal Majesty Oba Dr. Abdulganiyu Adekunle Salaudeen, Ajinese Ologunebi I, Aseyin of Iseyin)が崩御したようです。
 62歳。

※名前の表記としてアブドゥルとガニユの間をハイフンでつないでいるものや(Abdul-Ganiyu)、サラウディーンの部分の異綴(Salawudeen)、また単にサラウ(Salau)としているものもあります。イスラムの慣習も絡んでいるかもしれませんが……。

 2006年に即位した第28代のイセイン王。今年の2月に死亡説が流れていましたが、王室が否定、ただし闘病が続いていた模様。
 崩御に伴い、オヨ州知事セイ・マキンデ閣下(Seyi Makinde)が弔意を表明しました。

 昨年12月より、オヨ州のヨルバ系君主は、オグボモショ王、イバダン王、そして最高権威のオヨ王が崩御しています。

 

TVC News Nigeria:
Oyo State Loses Another Monarch Following Death of Aseyin of Iseyin – YouTube

 

 (英語)Aseyin of Iseyin dies at 62 | Dailytrust
 (英語)Aseyin of Iseyin, Oba Abdul Ganiyy Adekunle Salaudeen Joins Ancestors | National Insight News
 (英語)Another prominent Oyo monarch dies, Makinde mourns – P.M. News
 (英語)Another traditional ruler dies in Oyo
 (英語)Aseyin of Iseyin in Oyo State is dead – Tribune Online
 (英語)Another First Class Yoruba monarch, Aseyin of Iseyin joins ancestors at 62
 (英語)BREAKING: Aseyin of Iseyin Joins His Ancestors – InsideOyo.com
 (英語)Aseyin of Iseyin, Oyo traditional ruler, is dead | TheCable
 (英語)Another top Oyo monarch is dead | Premium Times Nigeria
 (英語)JUST IN: Aseyin of Iseyin joins ancestors The Nation Newspaper
 (英語)Oyo State Lost An Exemplary Oba — Makinde Mourns Aseyin Of Iseyin | Oyo State News

インタビュー記事(英語):元・旧エジプト王妃ファディーラ陛下へのインタビュー記事(2022年4月)

 モナコのメディアのサイトに、元・旧エジプト王妃ファディーラ陛下(Her Majesty Queen Fadila of Egypt)へのインタビュー記事が掲載されています。
 幼少に短い統治をした最後のエジプト王フアード2世陛下と後に結婚し、三子を儲けた後に離婚した方です。

 内容はそんなに長くないですが、故グレース公妃についてや、エジプト王室とモナコの関係、ヨーロッパでの活動や一家についてなどです。

 

 (英語)Words of Wisdom in Monaco with Her Majesty Queen Fadila of Egypt

訃報(2021年9月9日?):ナイジェリア伝統的君主/コンタゴラ首長サイドゥ・ナマスカ殿下が薨去(1937~2021)

 ナイジェリア連邦共和国ナイジャ州の伝統的君主の一人、第6代コンタゴラ首長“アルハッジ”・サイドゥ・ナマスカ殿下(His Royal Highness Alhaji Saidu Namaska, Emir of Kontagora【Sarkin Sudan of Kontagora】)が薨去したと報じられています。
 1937年生まれの83歳か84歳。日付までの情報では12月31日生まれとしているものがあり、その場合は83歳です。

 1974年より同首長の地位にあったこと。
 そして、ナイジェリア北部イスラム圏の最大権威であるソコトのスルタンの同族だという情報があります。

 

 (英語)Emir of Kontagora, Saidu Namaska, dies at 84

Vanguard NewspapersさんはTwitterを使っています 「Emir of Kontagora, Saidu Namaska, dies at 84 https://t.co/H6tbZ9GGQN #vanguardnews https://t.co/nWKdVGT8Vb」 / Twitter

 

 (英語)Sarkin Sudan of Kotangora, Saidu Namasaka, dies at 84 – Punch Newspapers

Punch NewspapersさんはTwitterを使っています 「Sarkin Sudan of Kotangora, Saidu Namasaka, dies at 84 – Punch Newspapers https://t.co/oVr1tjxsCW」 / Twitter

 

 (英語)Emir of Kontagora is dead | Dailytrust
 (英語)Buhari mourns Emir of Kontagora – Tribune Online