訃報(2019年3月8日):エスワティニ王【スワジランド王】ムスワティ3世陛下の12人目の妻インコシカティ・ラドゥベ【ノサンド・ドゥベ】が崩御(1988~2019)31歳

 2019年3月8日、エスワティニ王【スワジランド王】ムスワティ3世陛下の12人目の妻“インコシカティ”・ラドゥベInkhosikati LaDubeノサンド・ドゥベNothando Dube)が南アフリカ共和国の病院で崩御したようです。
 1988年生まれの31歳。
 死因は皮膚癌に関連するものと報じられています。

 2005年結婚。
 2005年~2009年に王との間に、
 マコソサンド・ドラミニ王女(Princess Makhosothando Dlamini)、
 ベティヴェ・ドラミニ王子殿下(Prince Betive Dlamini)、
 マーレマランゲニ・ドラミニ王女殿下(Princess Mahlemalangeni Dlamini)、
 の三子ありとのことです。
 2010年に王の幼馴染でもある大臣との不倫現場を直撃された疑惑。
 2011年に王宮から追放されたという疑惑があります。こちらについてははっきりしません。あっさり自由にしてくれるところではない気もします。治療の可能性もあるかもしれませんが……8年前だとないかもしれません。

 

 (英語)King Mswati's 12th wife passes away | Mpumalanga News

Mpumalanga Newsさんのツイート: "King Mswati's 12th wife passes away | Mpumalanga News https://t.co/Fw4fEQw8uw"

 

 (英語)Eswatini mourns the death of King Mswati III’s 12th wife – African Daily Voice
 (英語)Times Of Swaziland | INKHOSIKATI LADUBE PASSES ON
 (英語)Swaziland King's Wife Ladube (31) Dies, After Unhappy Life At Royal Palace – allAfrica.com

 

関連:
 訃報(2018年4月6日?):スワジランド王の8人目の妻インコシカティ・ラマサンゴ【センテニ・マサンゴ】が自殺か。アミトリプチリンの大量摂取(40カプセル?)。近年の不遇や、一週前に姉の葬列に参列を許されなかったなどの情報(1981~2018)

 

英国王室のチャールズ皇太子殿下夫妻のガンビア訪問(2018年10月)

 2018年10月31日、アフリカの西部三ヶ国を歴訪する予定の、英国王室【イギリス王室】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とコーンウォール公爵夫人カミラ妃殿下(Camilla : Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)は、ガンビア共和国を訪問しました。

 ガンビア共和国大統領アダマ・バロウ閣下(His Excellency Adama Barrow)夫妻と会見、同夫妻の主催する晩餐会に臨席しました。

 

The Royal Family Channel:
Prince Charles and Camilla visit The Gambia – YouTube

 

 (チャールズ殿下の晩餐会でのスピーチ文章:英語:英国王室公式サイト)A speech by The Prince of Wales at the State Dinner in The Gambia | The Royal Family

 (英語:ガンビア大統領府公式サイト)British Royal Family Arrives Today | The Republic of The Gambia
 (英語:ガンビア大統領府公式サイト)Their Royal Highnesses the Prince of Wales and the Duchess of Cornwall arrived at the Banjul International Airport Wednesday evening for a 2-day official visit welcomed by their Excellencies President Adama Barrow and First Lady Fatou Bah-Barrow | The Republic of The Gambia
 (英語:ガンビア大統領府公式サイト)Their Excellencies President Barrow and the First Lady and their Royal guests pose for a group photo after talks to restore historic ties between Banjul and London at the State House prior to a welcome ceremony at the McCarthy Square | The Republic of The Gambia
 (英語:ガンビア大統領府公式サイト)President Barrow and the First Lady host the British Royal guests to a state dinner reception at the Coco Ocean Hotel | The Republic of The Gambia

 (英語)Prince Charles and Camilla begin Africa tour in The Gambia | Daily Mail Online

 

Clarence Houseさんのツイート: "As the sun came down over The Gambia, The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall arrived at Banjul International Airport, where they were met by @BarrowPresident & his wife Mrs Bah-Barrow. #RoyalVisitTheGambia 🇬🇲… https://t.co/oDmyGHYkZl"

 

Clarence Houseさんのツイート: "This morning Their Royal Highnesses attended an official welcome ceremony at the State House in The Gambia, where they were received by @BarrowPresident and his wife Mrs Bah-Barrow. #RoyalVisitTheGambia 🇬🇲… https://t.co/aVYDW69Sjl"

 

Clarence Houseさんのツイート: "The Prince also visited the Gambian Armed Forces Training School meeting the Chief of Defence Staff, junior soldiers and joining a lesson on International Human Rights. #RoyalVisitTheGambia 🇬🇲… https://t.co/KdEOqT9KuU"

 

Clarence Houseさんのツイート: "The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall are tonight attending a State Dinner hosted by President Adama Barrow and Mrs Bah-Barrow. #RoyalVisitTheGambia 🇬🇲… https://t.co/7OoAFKXMhj"

 

State House of The Gambiaさんのツイート: "… "

 

State House of The Gambiaさんのツイート: "… "

 

State House of The Gambiaさんのツイート: "Earlier, The Prince visited The Gambia Armed Forces Training School, and the. Chief of Defence Staff was there to receive him.… https://t.co/AzOxNNMPyC"

 

State House of The Gambiaさんのツイート: "His Excellency, President @BarrowPresident hosted a State Banquet in honour of the visiting British Royal Family.… "

 

State House of The Gambiaさんのツイート: "The Prince revealed that visiting The Gambia was a childhood dream, since he was 13, inspired by the visit of the Queen and the Duke in 1961. #RoyalVisitTheGambia… https://t.co/wF6ZTX7zrT"

 

結婚式(2018年10月27日):ナイジェリア伝統的君主イグビデ王の一族の王子が二人の女性と同日に結婚

 2018年10月27日、ナイジェリア連邦共和国デルタ州のイグビデ王エドワード・オブケニ1世陛下(His Royal Majesty Edward Obukeni I, The Ovie Of Igbide)の一族のマンデー・オブケニ王子(Prince Monday Obukeni)が同日に二人の女性と結婚したようです。
 たまにあることのようです。

 

 (英語)Delta Prince set to marry two women same day » Within Nigeria
 (英語)Delta Prince wed two women together in a grand ceremony (photos) » Within Nigeria

The brides identified as Miss Ufuoma Ozoro and Miss Oghale Andrew look happy as they wed traditionally.

 

your village people…さんのツイート: "Delta Prince wed two women together in a grand ceremony (photos) https://t.co/164FCYQ824"

 

Within Nigeria – Delta Prince wed two women together in a… | Facebook

 

ナイジェリア伝統的君主:カッバ王ソロモン・デレ・オウォニイー陛下が即位(2018年10月)

 ナイジェリア連邦共和国コギ州の伝統的君主のひとりとして、カッバ王“オバ”・ソロモン・デレ・オウォニイー陛下(オバロ・オティトレケ・オウェヨマデ1世 : His Royal Majesty Oba Solomon Dele Owoniyi, Obaro Otitoleke Oweyomade I, The Obaro of Kabba)が即位したようです。

 2016年に先代の王である“オバ”・マイケル・オロバヨ陛下(Oba Michael Olobayo)が崩御し、2018年7月に州政府より今回即位した新たな王が承認されていたようです。

 

 (英語)Oba Owoniyi enthroned as 44th Obaro of Kabba – Daily Trust

 

 ここもどうも迭立のような状況がうかがえる記述になっていますが……。

 

ナイジェリア伝統的君主:イログボ=エキティで怒れる人々が王とその家族を追放したとの報道。息子の王子がカルト教団を率いて問題行動を繰り返したあげく少年を殺害した疑い(2018年10月)

 ナイジェリア連邦共和国エキティ州の伝統的君主のひとり、イログボ=エキティ王“オバ”・エドワード・アジャイー陛下(Oba Edward Ajayi, The Owa of Ilogbo-Ekiti)とその一家が、人々から追放されたとの報道がされています。

 (どれもだいたい同じ内容の)報道によりますと王の子息である、アデレイェ・アジャイー王子(Prince Adeleye Ajayi)が、カルト教団を率いて問題行動を多数起こしていたのに王は人々の訴えを受けてもなにひとつ行動せず、ついに王子らが少年を殺害した疑いが発生し、人々が怒って王とその家族を追放した、とのことです。
 殺害事件については警察が調査中。
 王は今のところ声明などは発表しておらず、携帯電話は電源が切られているそうです。

 また、疑惑の王子はカルトに関係したとして五年前に大学から放校されたとの情報もあります。

 

 (英語)Angry residents ostracize Ekiti monarch – Daily Post Nigeria
 (英語)Ekiti monarch chased out of palace as resident dies – Punch Newspapers
 (英語)King chased from his throne for helping cult led by his son – Metro – Pulse.ng
 (英語)Residents chase Ekiti monarch out of town over son's alleged cult activities

 

 住民らは王とその家族を追放し、王の私物である自動車を破壊。
 そして王の崩御時におこなわれる宮殿周辺の樹木の伐採がおこなわれた模様。