結婚予定(2018年9月8日):トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリア・アメリー殿下とヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘル。共通先祖はアウエルスペルク公ヴィルヘルム殿下の模様

 2018年9月8日、イタリアで、トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリア・アメリー殿下(Her Illustrious Highness Countess Maria Amelie of Trauttmansdorff-Weinsberg : マリア・アメリー・グレフィン・フォン・ウント・ツー・トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルクMaria Amelie Gräfin von und zu Trauttmansdorff-Weinsberg)とヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘルJoseph Freiherr von Kap-herr)が結婚予定のようです。

 マリア・アメリー伯女殿下は1993年4月20日生まれの24歳。
 トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク家は、神聖ローマ帝国領邦国家君主の家柄で、メディアタイズド・ハウスに分類されるほか、ウラデル、ベーメン貴族のチェコ貴族、オーストリア貴族といった扱いになるようです。

 ヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘルは1990年生まれのようです。
 ヘッセン=ダルムシュタットにてフライヘル【ドイツでの男爵格】の称号を得た家柄。

 二人の共通の先祖が、神聖ローマ帝国領邦国家君主諸家およびオーストリアに併合されオーストリア貴族となったアウエルスペルク家のヴィルヘルム殿下(1749~1822)のようです。

 

 We're getting married! Joseph and Amelie